ICO爆上げ極秘情報|98%詐欺の仮想通貨市場で2%本物を探偵の視点で探り当てる!

ICOの超最新情報をいち早くお届けするブログ。仮想通貨の素人が手を出して痛い目に合うのが必至のICO案件!98%が詐欺と言われる中、本物の光を見出す。暗号通貨の富豪が勧めているICOなど極秘案件を多数紹介していく。

Uranus(ウラノス)ICO※既存のユビキタスを共有する驚愕の分散プラットフォーム

f:id:icobot:20180917211639p:plain

Uranus(ウラノス)ICO※既存のユビキタスを共有する驚愕の分散プラットフォーム

 

図5Uranusプラットフォームのソリューション

 


以下では、Uranusのプラットフォームの要素について簡単に説明します。

 


標準化されたコンピューティングパワーの測定単位


コンピューティングパワーは、複雑で多次元的なリソースであり、使用に関連しています
時間とアプリケーション。したがって、コンピューティングパワーの単位を標準化することは、
ユビキタスな既存のコンピューティングパワーを共有するためのものです。


ブロックチェインは、冗長コンピューティング電源を備えた端末を
完全なバリューデリバリー


ブロックチェーンは、効率的で安全で信頼性の高い値の配信を提供します
冗長化する数千万の端末
コンピューティングパワー。しかし、共有にブロックチェーンを適用するには
ユビキタスな既存のコンピューティングパワー、カスタマイズされたパブリック
対応する拡張機能を備えたブロックチェーン

冗長化されたコンピューティングパワーを備えた端末用サービス配信チャネルの構築


ブロックチェーンはサービスを提供できません。このため、
アプリケーションを提供し、結果を計算することができる追加のチャネル。

2つのチャネル間のインターワーキングとインタラクションの実装


2つのチャネル間でリアルタイムのインターワーキングと相互作用が必要です。現在
パブリックブロックチェーンは、このような相互作用と相互作用をサポートしていません。この目的のために、
新しい機能を追加してリアルタイム性を実現するために、新しいパブリックブロックチェーンを作成する必要があります
2つのチャネル間の相互作用および相互作用を含む。

豊富なコンテンツを持つスマートな契約を確立する


拡張されたスマート契約は、取引の内容を
コンピューティングパワーの貢献者とコンピューティングパワーのユーザーを対象にしていますが、
処理中のさまざまな問題の処理プロセスと処理計画
コンピューティングパワーを共有して各コンピューティングパワーを共有することを保証する
手動による介入なしで自動的に完了します。

コンピューティングパワーコンテナの構築


コンピューティングパワーコンテナは、アプリケーションを確実にする基本的な構成です
各プラットフォームでサポートされているものは、標準的なコンピューティング
パワーユニットが決定される。この基本的な構成の中心的な役割は、
共有に参加しているすべての端末での実行の成功と結果の返却
コンピューティングパワーの

既存の分散クラウドネイティブアーキテクチャを変換する


既存の分散システムのクラウドネイティブアーキテクチャは、主に
中央の比較的一貫性のある物理的な端末。ユビキタス端末
この一貫性が大幅に低下します。この目的のために、既存の
クラウドネイティブアーキテクチャは、ユビキタスな共有を解決するための重要なリンクです


既存のコンピューティングパワー。

完璧なアプリケーションストアを確立する


アプリケーションストアにはすべての有効なAPPがあり、
端末システムの負荷を動的に均衡させることもできます
ロードバランシング技術

価値をもたらすために鉱山プールを所有する


このシステムのトークンは、共有コンピューティングパワーの量によって生成され、
デジタル機能。それはいくつかのトークンを独自のマイニングプールに保存します。
バイヤーに利用可能です。バイヤーによって得られたトークンは、
コンピューティングパワー。

 

5テクノロジー

Uranusシステムは、分散型ブロックチェーンベースのプラットフォームを提供することを目指しています。
既存のコンピューティング・パワーを遍在的に共有する
ユーザーのセルフサービスをサポートします。Uranusのプラットフォームが追求する設計目標は次のとおりです。

。システムの自律性、ベンダーのロックアウトなし
。ユーザーエクスペリエンスは最高です
。フレキシブルでお支払い
。高スループットとスケーラビリティ
クラウドネイティブのフルサポート

 

5.1Uranusシステムのアーキテクチャ


Uranusシステムは、既存のユビキタスを共有する分散プラットフォームです
ブロックチェーンテクノロジークラウドネイティブ/マイクロサービスに基づいたコンピューティングパワーそれ
より公平でより費用対効果の高い資源取引市場を提供する
寄稿者、リソースユーザー、業界のエコロジー参加者などが含まれます。それは徐々に
現在構築されているクラウドコンピューティングの既存のグローバルな景観を再構築する
Amazonマイクロソフト、アリなどの企業は、急速な発展を促進
次世代の分散型エッジコンピューティングとフォグコンピューティング。に基づく
ブロックチェーンとコンピューティングパワーシェアを統合するというコンセプトは、革新的
新しいインテリジェントな資源配給システムと価値配給システムを確立しました。
2つのシステム間の相互通信とコラボレーションが含まれます。


ユビキタスクラウドインフラストラクチャ、標準化されたコンテナメータリング
。オンデマンドでの自動決済
ブロックチェーンベースの分散コンピューティングリソースプール
。高スループット、高可用性、および低コストにより、現代のニーズを満たすことができます。
ビジネス
。コンテナにパッケージ化され、動的に管理されるクラウドネイティブアプリケーション
。基本チェーン
。 uraTillerモジュール
。強化コンセンサスモジュール


Figure 5 Solution for Uranus platform

 


Below, the elements of the Uranus platform will be described in brief:

 


Unit of Measurement of Standardized Computing Power


Computing power is a complex and multidimensional resource, and is related to use
time and application. Therefore, standardizing the unit of computing power is a basis
for sharing of ubiquitously existing computing power.

 

 

 



Blockchain Connects the Terminals with Redundant Computing Power to
Complete Value Delivery


The blockchain can provide efficient, secure, and reliable value delivery between
thousands thousands thousands thousands of terminals that contribute redundant
computing power. However, in order to apply the blockchain to the sharing of
ubiquitously existing computing power, we need to build a customized public
blockchain with corresponding extended functions.

 


Build a Service Delivery Channel for Terminals with Redundant Computing Power


The blockchain cannot deliver services. For this reason, it is necessary to build an
additional channel that can deliver applications and computing results.

 


Implement the Interworking and Interaction Between Two Channels


Real-time interworking and interaction are needed between two channels. The current
public blockchain does not support such interworking and interaction. For this purpose,
a new public blockchain needs to be created to add new functions and realize real-time
interworking and interaction between the two channels.

 


Establish a Smart Contract with Rich Content


The extended smart contract not only stipulates the content of the transactions between
the computing power contributors and the users of computing power, but also stipulates
the handling processes and the handling plans of various possible problems during the
sharing of computing power to guarantee each sharing of computing power is
completed automatically without manual intervention.

 


Build Computing Power Containers


The computing power container is a basic configuration that ensures the applications
supported by each platform can be implemented successfully after standard computing
power units are determined. The core role of this basic configuration is to ensure
successful execution and return of results on all the terminals participating in sharing
of computing power.

 


Transform the Existing Distributed Cloud Native Architecture


The cloud native architecture of the existing distributed system is mainly used on
centralized and relatively consistent physical terminals. In the ubiquitous terminal
environment, this consistency is greatly reduced. To this end, transforming the existing
cloud native architecture is an important link to solve the sharing of ubiquitously


existing computing power.

 


Establish Perfect Application Stores


The application stores have all validated APPs, guarantee the feasibility of the
applications and can also dynamically balance the load of the terminal system through
the load balancing technology.

 


Own a Mining Pool to Carry Values


The tokens of this system are generated by the volume of shared computing power and
the digital function. It stores some of the tokens in its own mining pool that are
available to buyers. The tokens obtained by buyers can be used to exchange equivalent
computing power.



5 Technology

The Uranus system aims to provide a decentralized blockchain-based platform for the
sharing of ubiquitously existing computing power that is flexible and pay-as-you-go
and support user self-service. The design goal pursued by the Uranus platform is:

. System autonomy, no vendor lockout
. User experience is supreme
. Flexible and pay-as-you-go
. High throughput and scalability
. Full support for cloud native

 

5.1 Architecture of the Uranus System


The Uranus system is a decentralized platform for the sharing of ubiquitously existing
computing power based on blockchain technology and cloud native/microservice. It
provides a fairer and more cost-effective resource trading market for all resource
contributors, resource users, and industry ecology participants. It will gradually
reconstruct the existing global landscape of cloud computing currently built by
Amazon, Microsoft, Ali and other companies, and promote the rapid development of
the next-generation decentralized edge computing and fog computing. Based on the
concept of integrating blockchain and computing power sharing, it has innovatively
established a new intelligent resource delivery system and value delivery system, as
well as Intercommunication and collaboration between the two systems.


. Ubiquitous cloud infrastructure, and standardized container metering
. Use on demand, automatic settlement
. Blockchain-based, decentralized computing resource pool
. High throughput, high availability, and low cost to meet the needs of modern
business
. Container-packaged, dynamically managed cloud native applications
. Basic chain
. uraTiller module
. Enhanced consensus module
引用 https://uranus.io/static/Uranus-Technical-WhitePaper-EN-V2.0.pdf

icocrypto.hatenadiary.com

icocrypto.hatenadiary.com

f:id:icobot:20180331205848p:plain

Firopエアドロップ期間限定2.5USD分配プラスLINE登録1.5USD合計4$を今すぐ受け取る!

【超人気神メルマガ】大注目ICOを完全無料配信!詐欺コインに騙される前にチェックする!

BTC以外の完全自動トレードシステム(C-TRADING)が今だけ無料キャンペーン実施中!