ICO爆上げ極秘情報|98%詐欺の仮想通貨市場で2%本物を探偵の視点で探り当てる!

ICOの超最新情報をいち早くお届けするブログ。仮想通貨の素人が手を出して痛い目に合うのが必至のICO案件!98%が詐欺と言われる中、本物の光を見出す。暗号通貨の富豪が勧めているICOなど極秘案件を多数紹介していく。

Bidooh(ビドゥ)ICO※広告業界に革命を起こすモバイルアプリ・トークン!仮想通貨DOOH

f:id:icobot:20180905205458p:plain

Bidooh(ビドゥ)ICO広告業界に革命を起こすモバイルアプリ・トークン!仮想通貨DOOH

1.1ハイライト
1.1.1
Bidoohについて知っておくべき10の事柄
1.それはなんですか? 2.デジタル広告掲示板に広告を掲載できるモバイルアプリ。2.マンチェスター・ユナイテッドのNon-Execディレクター、Michael EdelsonがBidoohの会長です。3.スクリーンを購入し、Bidoohの分散型デジタル広告板ネットワークの一部になります。4. BidoohはGoogle Adwordsと似ています!デジタル広告掲示板のために - 60秒で広告を公開する5. iPhoneアプリiPadアプリが構築され、Webプロトタイプがportal.bidooh.comに取り組んでいる6.消費者が注目を集める報酬を得ているデジタル広告を見るためのトークンを獲得する12 7.消費者が償還するトークンを購入する8.英国のマンチェスターで10の試用デジタルスクリーンを10拠点に設置9.チェコ(欧州)のパートナーが2,000スクリーンを展開する契約を締結10.デジタルスクリーン上で1つのトークン(通常10秒)

1.2要約
1.2.1
現在のビジネス
Bidoohは、Abdul AlimとShahzad Mughalによって創設された賞を受賞した画期的なデジタルビルボードソフトウェアプラットフォームです。 Bidoohのプラットフォームにより、広告主やメディア代理店は広告を作成またはアップロードし、承認し、数分でデジタル広告掲示板に掲載することができます。
2014年に、2人のテクノロジー創始者がガレージで一緒になって、世界的に変化するアイデアを思いつきました。多くの審議と深いアイデアはなく、彼らは代わりにインスピレーションのためにSF映画を見ることに決めました。

映画「マイノリティ・レポート」のシーンでは、トム・クルーズが画面に向かって歩き回り、それが変化するシーンの間に「ああ」の瞬間が訪れました。彼らは、デジタル広告掲示板が、誰が近くにいるかに応じてメッセージや広告を動的に変更できる世界を想像しました
デュオは仕事を始め、18カ月後には世界で最も賢いデジタル看板を作りました。広告掲示板は、誰がそれに向かって歩いているのかを正確に知っていて、パーソナライズされたオファーを表示するために自分の名前とFacebookの写真を使用することができました。彼らはプラットフォームにOfferMomentsという名前を付けました。それを実際に見たすべての人が、そのアイデアを愛していました。
そのアイデアと同じくらい革新的で、Angel投資家のMichael Edelsonが気づくまで、彼らは資金調達に苦労しました。 Michaelはマンチェスター・ユナイテッドフットボール・クラブとVCの最長の役員の1人で、株式市場で20社以上の企業を担当しています。

プレスはすぐにそれをピックアップし、それはRetailWeek、ドラムとHuffingtonポストでフィーチャーされ、ロンドンのHRH Prince AndrewがSt James's Palaceで組織し、彼女が出席したPitch at the Palaceを含む革新のための多くの賞を受賞しました女王陛下。創設者はAndrew皇太子殿下が「これは聴衆が昨夜投票したもので、これは広告の未来です」と発表したWindsor Castleに招待されました。
Michaelの助けを借りて、彼らは専門家のチームを集め始め、ビルボード市場に存在する問題を発見しました。 348億ドルの市場で、まだ電話で予約されており、時間がかかり、リソースが重く、コストが高すぎます。これは修正する必要がありました。
彼らは、Uberを注文し、Google Adwordsほど柔軟に価格設定するなど、デジタル画面上の広告スペースを簡単に予約できると想像しました。これは、あらゆる企業がデジタル画面上で広告をリアルタイムで購入できることを意味し、デジタル画面の世界をすべての中小企業に開放しています。
そして、2017年、ビドーが生まれました。

1.2.2
私たちのビジョン
Bidoohのビジョンは、348億ドルの家庭外広告業界革命化し、民主化することです。真に柔軟で即時に測定可能なセルフサービスプラットフォームとオープンなデジタルスクリーンネットワークを構築することにより、あらゆる規模の広告主やメディアエージェンシーがBidoohを通じて広告を企画して配置します。
最低限のコミットメントを持たずにすべての広告主様が利用できるようにすることで、Bidoohは新たな顧客ベースを開拓します。これらの潜在的な広告主は、現在、屋外広告を使用することができない。
メディアの所有者は、ネットワークのオープン性のために、Bidoohプラットフォームに独自のスクリーンまたは新しいスクリーンを追加し、既存の広告主から新たな収入を得ることができます。完全な透明性を確保するため、Bidoohプラットフォームは

ブロックチェーン上で監査可能です。信用に依存しない、遅れている、または不正確な報告を取り除くことにより、このオープンデジタルレジャーは本当に画期的なものになります。
1.3機会
1.3.1。
ビルボード広告の仕組み
ビルボード広告は、広告を掲載する最も古い方法の1つです。ショッピングセンター、空港、電車、バスの駅などで、あらゆる規模の屋外広告ポスターを見に行くことでしょう。
ビルボード広告は「アウト・オブ・ホーム」またはOOHと呼ばれ、デジタル広告板市場は「デジタルアウトオブホーム」と呼ばれ、広告を表示するためにデジタル画面を使用する場合はDOOHと呼ばれます。
それはまだ放送広告のための最も影響力のある広告方法の1つと考えられている

1.3.2
広告主の課題
広告主は、屋外広告を選択する際に、アクセシビリティと説明責任という大きな課題に直面しています。
課題は屋外広告を予約しようとすることから始まります。業界は依然として主に関係、電話、電子メールによって動作しています。広告主またはその代理店は、依然として利用可能なスペースと料金を見つけ、計画し、交渉することを求めています。
また、予約されていても、さまざまなサイズのクリエイティブをトラッキングし、広告に費用を支払い、請求書を受け取るのは労働集約的です。この煩わしい予約、配達、支払い処理は、2つのことを意味します。

1.4ビッド・ソリューション
1.4.1
Bidoohのしくみ
Bidoohは、デジタル広告掲示板の広告を簡単で使いやすいものにするエンドツーエンドソリューションです。
広告主は単にアプリをダウンロードしたり、ポータルにアクセスしたり、広告を作成したり、場所を選択したり、予算を設定したり、公開ボタンを押したりすることができます。彼らの広告は、瞬間的な承認プロセスを経て、選択された画面にリアルタイムでアップロードされます。
デジタル広告ボードの世界ではGoogle Adwordsと似ています。


画面所有者は、Bidoohボックスの1つを既存の画面に接続するだけで、グローバルネットワークの一部となります。広告主とメディア代理店は、参加して数秒でこれらの画面で広告にアクセスして公開することができます。

1.4.2
屋外用の概念としてのGoogle Adwords
Bidoohの出版コンセプトは、Google AdwordsFacebook Adsのプラットフォームをモデルにしていました。
マイクロ広告主様がGoogleFacebookに関わることを可能にする最も魅力的な機能の1つは、最小費用、最小期間契約を削除し、広告主にスペースを少しずつ購入する機会を提供することで広告にアクセスできるようにすることでした。私たちは、Bidoohパブリッシングプラットフォームを構築して屋外広告の世界に適応させる際に、この哲学を適用して適用しました。
GoogleFacebookの他の重要な面の1つは、広告を簡単に作成できることです。試行中、私たちは、70%以上の小規模企業がグラフィックデザイナーに即座にまたは手頃な価格でアクセスできないことを学びました。これは屋外広告を公開する上での障壁となりました。私たちは誰もが見栄えの良いポスターデザインを作成し、オンボードのプロセスを合理化し、導入と変換を最大限に活用できるテンプレート駆動の広告ビルダーを設計しました。
将来のバージョンの広告ビルダーには、あらかじめデザインされたテンプレートやレイアウト、何百万枚ものストック写真、あらかじめデザインされたテキストブロックスタイルが含まれているため、あらゆる規模の広告主様が即座にプロフェッショナルデザインを構築し、ネットワーク。


1.1 HIGHLIGHTS
1.1.1
10 things you need to know about Bidooh
1. What is it? A mobile app that allows you to publish adverts to digital billboards13 2. Manchester United Non-Exec Director, Michael Edelson is Chairman of Bidooh 3. You can buy screens and be part of Bidooh's decentralized digital billboard network 4. Bidooh is like Google Adwords! but for digital billboards -publish ads in 60 secs 5. iPhone app, iPad app is built and web prototype is working on portal.bidooh.com 6. Consumers earn tokens for seeing digital ads getting rewarded for their attention 12 7. Consumers to redeem tokens at future participating retailers and restaurants 8. 10 trial digital screens live at 4 locations in Manchester, UK 9. Contract signed for 2,000 screens being rolled out by Czech (European) partner 10. One token is equal to one advert on a digital screen (normally 10 seconds)

1.2EXECUTIVE SUMMARY
1.2.1
Current business
Bidooh is an award-winning, innovative digital billboard software platform founded by Abdul Alim and Shahzad Mughal. Bidooh's platform allows any advertiser or media agency to create or upload an advert, have it approved, and go live on a digital billboard in minutes.
In 2014, the two tech founders got together in their garage to come up with a worldchanging idea. After much deliberation and no profound ideas, they decided instead to watch sci-fi movies for inspiration.

The 'aha' moment came during a scene in the movie 'Minority Report where Tom Cruise walks towards a screen and it changes. They imagined a world where digital billboards could dynamically change the message or advert depending on who was nearby
The duo got to work and 18 months later they had built, what they called, the smartest digital billboard in the world. The billboard knew exactly who was walking towards it and was able to use their name and Facebook photo to display a personalized offer. They named the platform OfferMoments. Everyone who saw it in action, loved the idea.
As innovative as the idea was, they struggled to raise funding, until they were noticed by Angel investor Michael Edelson. Michael is one of the longest serving directors of Manchester United Football Club and VC responsible for over 20 companies on the stock market with 2 reaching over $1bn.

The press quickly picked up on it and it was featured in RetailWeek, The Drum and Huffington Post and went on to win many awards for innovation including Pitch at the Palace which was organized by HRH Prince Andrew in London at St James's Palace and attended by Her Majesty The Queen. The founders were invited to Windsor Castle where HRH Prince Andrew announced, "this is what the audience voted for last night, this is the future of advertising".
With Michael's help, they started to assemble a team of experts and discovered the problems that exist within the billboard market. A $34.8bn market that's still booked over the phone, time consuming, resource heavy and cost prohibitive. This needed to be fixed.
They imagined being able to book advertising space on digital screens to be as simple as ordering an Uber and priced as flexible as Google Adwords. It would mean any business can buy advertising on digital screens in real-time, opening up the world of digital screens to every small business.
And so, in 2017, Bidooh was born.

1.2.2
Our vision
Our vision for Bidooh is to revolutionize and democratize the $34.8bn out-of-home advertising industry. By creating a truly flexible, immediate, measurable selfservice platform and open digital screen network, advertisers and media agencies of all sizes will plan and place their adverts through Bidooh.
By making it available to all advertisers, with no minimum commitment, Bidooh will unlock a new customer base. These potential advertisers are currently unable to use outdoor advertising.
Due to the open nature of the network, media owners can add their own existing or new screens to the Bidooh platform and generate new revenues from our existing advertisers. For complete transparency, the Bidooh platform will be

auditable on the blockchain. Removing a reliance on trust, delayed or inaccurate reporting, this open digital ledger will be truly revolutionary.
1.3 THE OPPORTUNITY
1.3.1.
How billboard advertising works
Billboard advertising is one of the oldest ways to advertise. You will most probably see outdoor advertising posters of all sizes on your way to work, in a shopping center, at airports, train and bus stations.
Billboard advertising is known as "Out-of-Home" or OOH while the digital billboard market is called “Digital-out-of-Home" or DOOH when it's using digital screens to show the advertising.
It is still considered one of the most impactful advertising methods for broadcast advertising

1.3.2
Advertiser challenges
Advertisers are faced with big challenges of accessibility and accountability when choosing outdoor advertising.
The challenges start from attempting to book outdoor advertising. The industry still operates mostly by relationships, telephone and email. Advertisers or their agencies still call to find, plan and negotiate available spaces and rates.
And even when booked, tracking creatives at various sizes, paying for the ads and receiving invoices is labor intensive. This cumbersome booking, delivery and payment process means two things:

1.4 THE BIDOOH SOLUTION
1.4.1
How Bidooh works
Bidooh is an end to end solution that makes digital billboard advertising simple and accessible.
Any advertiser can simply download the app or visit the portal, create an advert, choose a location, set a budget and hit the Publish button. Their advert then goes through a lightning-fast approval process and is uploaded to their selected screen in real-time.
It's like Google Adwords for the digital billboard world.


Screen owners simply plug in one of our Bidooh boxes to their existing screens to become a part of a global network. Advertisers and media agencies can access and publish adverts on those screens within seconds of joining.

1.4.2
Google Adwords as a concept for outdoor
The Bidooh publishing concept was modeled on the Google Adwords and Facebook Ads' platform.
One of the most attractive features which enabled micro-advertisers to engage with Google and Facebook was to make advertising accessible by removing minimum spends, minimum term contracts and providing the opportunity for advertisers to buy space in small increments. We've taken this philosophy and applied it when building the Bidooh publishing platform, adapting it to the world of outdoor advertising.
One of the other key facets of both Google and Facebook is the ability to create adverts simply. During our trial, we learnt that more than 70% smaller businesses don't have immediate or affordable access to graphic designers and this was a barrier to entry to publish outdoor advertising. We have designed a template driven ad-builder which will allow anyone to create good-looking poster designs, streamlining the on-boarding process and maximize adoption and conversion.
Future versions of the ad builder will contain pre-designed templates and layouts, millions of stock photos to choose from and pre-designed text block styles so that advertisers of all sizes and abilities will be able to instantly build professionallooking designs and immediately upload them to the network.

引用https://bidooh.io/whitepaper/whitepaper.pdf