ICO爆上げ極秘情報|98%詐欺の仮想通貨市場で2%本物を探偵の視点で探り当てる!

ICOの超最新情報をいち早くお届けするブログ。仮想通貨の素人が手を出して痛い目に合うのが必至のICO案件!98%が詐欺と言われる中、本物の光を見出す。暗号通貨の富豪が勧めているICOなど極秘案件を多数紹介していく。

Pure Diamond Coin(PDC)ICO※人工的ダイヤモンド仮想通貨・トークン!ピュアダイヤモンドコイン

f:id:icobot:20180827131824p:plain

Pure Diamond Coin ICO※人工的ダイヤモンド仮想通貨・トークン!ピュアダイヤモンドコイン

 

1。概要
1-1。純粋なダイヤモンドファームとは何ですか?
PURE DIAMOND FARMは、PURE DIAMOND COINによって発行されるプロジェクトとサービスです。
純粋なダイヤモンドファームは、自然に採掘されたダイヤモンドと同じ化学的、物理的および光学的特性を示すラボ成長ダイヤモンドの製造に成功しました。研究開発はまだ商業ベースで行われていませんが、筑波大学、つくば科学博覧会記念財団、住友電工などが研究を行っています。純粋なダイヤモンド・コイン純粋なダイヤモンドファームに属します。
1-2。ラボ成長ダイヤモンドの製造と研究施設の運営
近年、ダイヤモンドファウンドリーの世界有数の企業 - 俳優のレオナルドディカプリオからの出資により増加しました。そのため、市場は大きく成長すると予想されます。一方、日本では未だ研究開発が行われていないため、純粋なダイヤモンドファクトリーは、研究室で育った日本のダイヤモンド製造・研究施設としての第一歩となるでしょう。この栽培技術を適用することにより、赤、青、または虹色の品種など、天然のダイヤモンド産業にはほとんど存在しないか、または存在しないダイヤモンドを製造することが可能になります。現在、花卉業界では、自然に存在しない青と虹のバラは、独自の市場を展開しており、ハイエンドの花として人気が高まっています。ラブ成長


ダイヤモンドは、人間の創意工夫と研究によって創り出された新しい市場を目指しています。この技術は、自然に発見された物質の合成に使用されるバイオテクノロジーのようなものであり、真珠のようなダイヤモンドの栽培または養殖ともみなされます。
PURE DIAMOND FARMは、ダイヤモンドが自然に見つかる環境を分析するだけでなく、個々のダイヤモンドの特徴や相違点を詳細に調査します。このデータは、すべてのユーザーが特別な知識を必要とせずに簡単に理解できるように、一般人の言葉に入れられます。さらに、ブロックチェイン技術を使用してトレーサビリティをリンクし、個々のダイヤモンドのすべての特性を記録します。このデータは、天然ダイヤモンドの価値を超えて価値を生み出し、可能性を生み出し、独自のユニークな特質を持つラボ成長ダイヤモンドを浸透させます。私たちは、この目的のための究極のプラットフォームになることを目指しています。


1-3。研究室で栽培されたダイヤモンドとは何ですか?
ラボで作られたダイヤモンドは、地球上で人工的に生成された本物のダイヤモンドです。
これは、キュービックジルコニア、モイスサイト、または結晶のような、いわゆる「模造石」または「ダイヤモンド模擬」代替ダイヤモンドとはまったく異なります。それは自然に採掘されたダイヤモンドと同じ化学的、物理的および光学的性質を有する。ダイヤモンドは、結晶がどのように成長するかにかかわらず、純粋な炭素でできています。研究室で作られたダイヤモンドも炭素でできています。唯一の違いは、それが生成される環境です。言い換えれば、唯一の違いは、生成された場所が鉱山か実験室かどうかです。
世界中の科学者やダイヤモンド研究機関は、ラボ成長ダイヤモンドに関する厳しい試験と研究に多くの時間を費やし、その特性を検証しました。すべての化学的、物理的および光学的評価ならびに研究結果は、生成された研究室で成長されたダイヤモンドが天然のものと事実上同じであることを証明しています。
研究室で栽培されたダイヤモンドは、合成、人工、または偽のような用語に従わない。それは構造的かつ化学的に自然に形成されたダイヤモンドと同じであり、したがって、「最新の技術によって製造された真のダイヤモンド」である。


2.ダイヤモンド市場の動向と将来
2-1。ダイヤモンド市場規模
世界のジュエリー・ダイヤモンド市場規模は約800億ドル(約8,800億円)で、数千年にわたり宝飾品業界の社会的地位と市場価値の頂点で一位を占めています。日本では現在の宝飾品市場は約9兆7000億円と推定されており、ファッションやブライダル業界も含めて、ダイヤモンド市場は約半分で約5,000億円です。合成ダイヤモンド市場では、産業用途の世界市場規模は2016年に162億ドルです。このプロジェクトの対象となるジュエリーアプリケーションでは、世界市場規模は150万ドルであり、まだ成長段階にあります。
2-2。ダイヤモンドフォームの動向
Morgan Stanleyのヨーロッパ、中東、アフリカの金属と鉱業の研究チームのアナリスト、Neri Tollardo氏は、「現在、ダイヤモンド業界のホットな話題は、研究所が成長したダイヤモンドに関するものです」と語っています。
さらに、米国では、2020年までに、ラボ成長ダイヤモンドの市場規模は5倍になると予測されています。日本をはじめとする諸国が続くことを考えると、
また期待される。


合成ダイヤモンド市場の拡大期待
産業用2016年の世界市場規模:162億ドル2022年に推定される世界市場規模276億米ドル
ジュエリー(現在のプロジェクトの対象)2016年の世界市場規模:2015年に推定される150万米ドルの世界市場規模:10億5,000万米ドル


3.ピュアダイヤモンドコインがもたらす未来
純粋なダイヤモンド・コイン(トークン)所有者は、メンバーとしてピュア・ダイヤモンド・ネットワークに参加する権利を取得します。トークン所有者はネットワーク上でラボで成長したダイヤモンドを購入することができます。つまり、外部取引所でのトークンの市場価格に基づいてトークンをネットワーク上で決済トークンとして使用することができます。トークン所有者は、次のセクションで説明するネットワークの利点を無料で利用できます。研究室で栽培された実際のダイヤモンドと硬貨の両方が、それぞれの市場で交換され、取引されるように構成されています。
3-1。透明性、トレーサビリティ
純粋なダイヤモンドは取引の透明性の面で従来のダイヤモンドとは異なります。これは、ブロックチェーンテクノロジの導入とPURE DIAMOND Networkのダイヤモンドの信頼性を保証するテクノロジの実装のおかげです。これにより、偽物の購入などのリスクを最小限に抑えることができます。
3-2。鉱業を通じて持続可能なプラットフォーム
鑑定データと取引記録の関連するネットワークのために実際のラボで育てられたダイヤモンドの価値を維持し、この情報をわかりやすい形式でユーザに提示することが可能です。


3-3。資本化率と鉱業収益の安定性
BitcoinやEthereumなどのcryptocurrenciesの価値は、鉱業による電力の消費によって支えられています。消費電力と仮想通貨の価値は結びついていないので、その価値は安定していません。ただし、PURE DIAMOND COINでは、鉱業に依存しません。トークンは実際の研究室で栽培されたダイヤモンドの価値と並行して発行されるので、安定した価値と利益を維持することが可能です。
天然ダイヤモンドの利益率については、売上総利益率は売上総利益率(分配コストを消費者購買価格から差し引いた差額)を純売上高で割って計算した50%であり、研究室でのダイヤモンド採掘はこれらの収益と一致します。


4.ピュアダイヤモンドネットワーク
4-1。ネットワークシステム - アーキテクチャ -
PURE DIAMONDネットワークはブロックチェーンテクノロジを使用し、ネットワーク上で暗号化されたP2Pを実装します。したがって、中央管理管理に依存せず、非集中型として機能します。公平に伝達し、違反のない情報を配布することは可能です。
PURE DIAMOND FARM製のPURE DIAMONDは、それぞれ個別に刻印されています。 PURE DIAMOND ASSETは、PURE DIAMOND DATA証明書およびトレーサビリティに関連するデータとしてPURE DIAMOND Network上に生成されます。
さらに、イスラエルに拠点を置く世界のダイヤモンド関連ハイテク企業の技術を利用して、Alの評価システムを導入する予定です。また、ラボで評価された評価システムとデジタル評価データを構築する予定です。 PURE DIAMONDとPURE DIAMOND ASSETの簡単な検証を可能にするアプリケーションを同時に開発する予定です。このアプリケーションでは、証明書を簡単に読むことができるので、その価値を証明することは簡単です。


4-2。ブロックチェーン
PURE DIAMONDネットワークは当初、Ethereumのネットワークとして構築され、分散アプリケーションとして実装されました。しかし、トランザクションをEthereumの仕様に処理すると、料金とスケーラビリティの問題が発生します。 PURE DIAMONDネットワークの取引コストを削減し、誰でも簡単に配布できるPURE DIAMOND市場を促進するためには、ソリューションの実装が不可欠です。したがって、PURE DIAMOND Networkは、これらの問題を解決するためにオリジナルのブロックチェーンを開発することに決めました。
純粋なダイヤモンドネットワークは、世界中で発展している新しいブロックチェーン技術を研究し、さまざまな面でその特性に最も適した新技術を積極的に導入しました。私たちは常に更新し、改善する独自のインフラストラクチャを構築することを目指しています。また、元のブロックチェインを開発することで、PURE DIAMONDの実際の物理量を計算し、採掘量に応じて収益を割り当てることができる独自の認識アルゴリズムを構築することが可能になります。このような現実の採掘が可能になるでしょう。
Xさらに、元のブロックチェーンの詳細情報はホワイトペーパーバージョン1.3で公開される予定です。


4-3。ピュアダイヤモンドコイン - トークンエコノミー -
By PURE DIAMOND COIN - PURE DIAMONDネットワーク上に構築された暗号トークン - PURE DIAMONDトークンエコノミーが作成されます。
このようにして、希少価値のある実際の赤いダイヤモンドまたは新しい虹ダイヤモンドを栽培することができます。この可能性は以前に存在しなかった新しいトークン経済を生み出すことができます。また、ネットワーク上の商品やサービスの決済形態として、現実世界でPURE DIAMOND COINを実際に使用することを目指しています。言い換えれば、ピュアダイヤモンドコインは、ダイヤモンド市場に流通するだけではありません。食事や買い物などの実際の取引にも利用されることを意図しています。


4-4。ピュアダイヤモンドエクスチェンジ
ピュアダイヤモンドトークンエコノミーは、ピュアダイヤモンドコインの持続可能な流通を通じて経済の原動力になるでしょう。ピュアダイヤモンドコインの販売を促進する市場として、ピュアダイヤモンド交換を行うためピュアダイヤモンド交換が開かれます。 PURE DIAMOND EXCHANGEは、分散型交換(DEX)システムとして機能するため、当社とは独立して行うことができます。透明性の高い安全性のため、ハッキングによる従来の集中型エクスチェンジでは資産流出が発生しません。
さらに、PURE DIAMOND EXCHANGEでは、分散(DEX)システムの欠点を解決するための顧客サポートのための措置も講じています。このエクスチェンジでは、ラボ成長ダイヤモンドとトークンが交換されます。このエクスチェンジは、トークン・ホルダーがラボ成長ダイヤモンドを購入し、他のトークン・ホルダーとフラットまたは暗号通貨を交換できるようになっています。


5. ICOピュアダイヤモンドコインセール
2018年9月、PURE DIAMOND PROJECTを実現させるためにトークンセールを実施します。トークンの販売で取得された暗号通貨 - ピュアダイヤモンドコイン(PDCトークンは、ピュアダイヤモンドの取引やさまざまなプロジェクトの展開に使用されます。トークンの販売は、以下の専用Webページから申請してください。トークン販売専用オンラインWebページ:http://purediamond-ico.com/
5-1。 ICO期間および販売価格
ICOは、以下のスケジュールに従って実施される。 PDCトークンの販売価格は各段階によって異なります。 Etherium(ETH)、Bitcoin(BTC)、Ethereum Classic(ETC)、Bitcoin Cash(BCH)を使用してPDCトークンを購入することができます。
カテゴリー
期間
価格
前売
SEP。 1. 2018 17:00 - SEP。 25 23:59事前販売。公売
I PDC = 12¢相当
フェーズ1
OCT。 5,2018 17:00 - OCT 30 23:59フェーズⅠ。公売
I PDC = 16¢相当
フェーズ2
NOV。 5,2018 17:00 - NOV。 30 23:59フェーズ2公開販売
I PDC = 21C相当

 

1. Overview
1-1. What is PURE DIAMOND FARM?
PURE DIAMOND FARM is the project and service to be issued through PURE DIAMOND COIN.
PURE DIAMOND FARM succeeded in producing a Lab-grown Diamond that exhibits the same chemical, physical and optical properties as those of a naturally mined diamond. Although research on Lab-grown Diamond has not been conducted yet on a commercial basis, the research was carried out by the University of Tsukuba, Tsukuba Science Expo Memorial Foundation, and Sumitomo Electric, etc. All the projects by our company including PURE DIAMOND COIN belong to PURE DIAMOND FARM.
1-2. Manufacturing of Lab-grown Diamonds and Operation of Research Facilities
In recent years, the world's leading companies in the diamond market, Diamond Foundry--boosted by equity investment from actor Leonardo Dicaprio.Thus, the market is expected to grow significantly. Meanwhile, as there had been no endeavours made yet in Japan, PURE DIAMOND FARM will be the first foray as a Japanese lab-grown diamond manufacturing and research facility operation. Applying this cultivating technology makes it possible to manufacture diamonds that are extremely rare or do not exist in the natural diamond industry, such as red, blue, or rainbow-colored varieties. Currently, in the flower industry, blue and rainbow roses, which do not exist naturally, have developed their own markets and are becoming popular as high-end flowers. With Lab-grown


Diamonds, we aim to build a new market created by human ingenuity and research. This technology is like biotechnology, which is used in synthesizing a naturally found substance, and it can also be considered as cultivation or farming the diamonds like pearls.
PURE DIAMOND FARM analyzes all the environments where diamonds can be found naturally as well as conducts detailed research on features and differences found in each individual diamond. This data is then put into layman's terms for all users to understand easily without the need for specialized knowledge. In addition, we link traceability using blockchain technology and record all the characteristics of each individual diamond. This data will imbue Lab-grown Diamonds with their own unique traits, giving them value and harnessing possibilities beyond that of natural diamonds. We aim to become the ultimate platform for this purpose.


1-3. What is a Lab-grown Diamond?
Lab-grown diamond is a genuine diamond that is artificially generated on Earth.
It is completely different from the so-called "imitation stone" or "diamond simulant" substitute diamonds like cubic zirconia, moissanite, or crystals. It has the same chemical, physical and optical properties as naturally mined diamond. A diamond is made of pure carbon regardless of how the crystal is grown. Lab-grown Diamonds are made of carbon as well; the only difference is the environment in which it is generated. In other words, the only difference is whether the generated location is a mine or a laboratory.
Scientists and diamond research institutes around the world have invested a lot of time into conducting strict tests and research on Lab-grown Diamonds and validated their characteristics. All chemical, physical and optical evaluations as well as research results prove that the Lab-grown Diamonds generated are virtually the same as their natural counterparts.
A lab-grown diamond does not abide by terms like synthetic, man-made, or fake. It is the same as a naturally formed diamond structurally and chemically and therefore, it is a "real diamond produced by the latest technology."


2. Trends and the Future of the Diamond Market
2-1. Scale of Diamond Market
The scale of the world's jewelry diamond market is about US$80 billion dollars (about 8,800 billion JPY) and has reigned at the top for social position and market value of the jewelry industry for thousands of years. In Japan, the current jewelry market is estimated to be about 970 billion JPY, and including the fashion and the bridal industries, the diamond market is about half at around 500 billion JPY. In the synthetic diamond market, industrial use has a global market size of $16.2 billion in 2016. In the jewelry application targeted for this project, the global market size is $1.5 million, and it is still in the growth stage.
2-2. Trend of Diamond Forms
Mr. Neri Tollardo, an analyst with the research team on metal and mining in Europe, Middle East and Africa at Morgan Stanley, says that, "The hot topic within the diamond industry right now is all about Lab-grown Diamonds."
Furthermore, in the United States, it is predicted that by 2020, the market size of Lab-grown Diamonds will be five times larger. Considering Japan and other countries will follow, further market expansion is
also expected.


Expansion Expectations of Synthetic Diamond Market
For Industrial Use World market scale of year 2016: US$16.2 billion World market scale estimated for year 2022 US$27.6 billion
For Jewelry ( % subject of current project) World market scale of year 2016: US$1.5 million World market scale estimated for year 2022: US$1.05 billion


3. The Future that PURE DIAMOND COIN Brings
PURE DIAMOND COIN (token) holders gain the right to participate in the PURE DIAMOND Network as members. Token holders can purchase a lab-grown diamond on the Network, which means the token can be used on the Network as a settlement token based on the market price of the token at external exchanges. The token holder can use the benefits of the Network described in the next section for free. It is structured so that both the actual lab-grown diamond and the coin are exchanged and traded in each of their own markets.
3-1. Transparency, Traceability
PURE DIAMONDS differ from conventional diamonds in terms of transparency of transactions. This is thanks to the introduction of blockchain technology and implementing technology that ensures the reliability of diamond of PURE DIAMOND Network. From this, risks like purchasing fakes can be minimized.
3-2. Sustainable Platform through Mining
It is possible to sustain the value of an actual lab-grown diamond due to appraisal data and transaction records' associated network as well as present this information to users in an easy-tounderstand format.


3-3. Stability of Capitalization Rate and Mining Profitability
The value of cryptocurrencies such as Bitcoin and Ethereum are supported by the consumption of electricity through mining. Because the power consumption and the value of the virtual currency are not linked however, there is a lack of stability in its value. However, in PURE DIAMOND COIN, it is not dependent on mining. It is possible to maintain a stable value and profit because the token is issued in concurrence with the value of a real lab-grown diamond.
As for the profit margin of a natural diamond, the gross profit rate is 50% - which is calculated by dividing gross profit (the difference obtained by subtracting distribution costs from consumer buying price) by net sales, and lab-grown diamond mining aims to match these earnings.


4. PURE DIAMOND Network
4-1. Network System - Architecture -
PURE DIAMOND Network uses blockchain technology and implements encrypted P2P on the network. Therefore, it doesn't depend on the central control management and functions as a non-centralized type. It is possible to communicate equitably and distribute non-falsifiable information.
Each PURE DIAMOND manufactured by PURE DIAMOND FARM is individually inscribed. PURE DIAMOND ASSET will be generated on PURE DIAMOND Network as data associated with a PURE DIAMOND DATA certificate and traceability.
In addition, by employing technology from the world's top diamond-related high-tech companies based in Israel, we are planning to install an Al assessment system. We also will be building a lab-grown evaluation system and digital assessment data. We then plan to simultaneously develop applications that enable simple verification of PURE DIAMOND and PURE DIAMOND ASSET. With this application, proving its value will be simple as the certification can be read easily.


4-2. Blockchain
PURE DIAMOND Network was originally built as a network on Ethereum to be implemented as a Decentralized Application. However, processing the transactions to the specifications of Ethereum would incur fees and scalability problems. In order to lower the transaction costs on the PURE DIAMOND Network and to promote the PURE DIAMOND market where anyone can easily distribute, implementing a solution is essential. Therefore, PURE DIAMOND Network decided to develop an original blockchain to solve these problems.
PURE DIAMOND Network has studied new blockchain technology that is developing all over the world and actively implemented new technologies that is most appropriate for its properties in various aspects. We aim to build our own infrastructure that updates and improves constantly. Also, by developing an original blockchain, it becomes possible to build an original recognition algorithm, which enables us to calculate an actual physical amount of PURE DIAMOND and assigning revenue according to the mined amount. Real mining of this kind will become possible.
X Furthermore, detailed information of original blockchain will be disclosed in White Paper Version 1.3.


4-3. PURE DIAMOND COIN - Token Economy -
By PURE DIAMOND COIN - a cryptographic token that is built on PURE DIAMOND Network - PURE DIAMOND Token Economy will be created.
In this way, an actual red diamond, which is prized for their rarity, or a new rainbow diamond can be grown. This potential can give birth to a new Token Economy that never existed before. In addition, we aim to use PURE DIAMOND COIN actually in the real world as a mode of settlement for goods or services on the Network. In other words, PURE DIAMOND COIN is not intended to circulate merely in the diamond market; it is also meant to be utilized in real life transactions such as dining or purchasing goods.


4-4. PURE DIAMOND EXCHANGE
PURE DIAMOND Token Economy will become the driving force of the economy through the sustainable circulation of PURE DIAMOND COIN. As the market to promote the distribution of PURE DIAMOND COIN, PURE DIAMOND EXCHANGE will open in order to trade PURE DIAMOND COIN. The exchange can be done so independently from us as PURE DIAMOND EXCHANGE works as a Decentralized EXCHANGE (DEX) system. Asset outflow doesn't occur in conventional centralized exchange through hacking because of high transparency safety.
Furthermore, in PURE DIAMOND EXCHANGE, we also take measures for customer support to solve shortcomings of the distributed (DEX) system. At this EXCHANGE, Lab-grown Diamonds and tokens are exchanged. This EXCHANGE will evolve into one where token holders can buy Lab-grown Diamonds and exchange fiat or cryptocurrency with other token holders.


5. ICO PURE DIAMOND COIN SALE
In September 2018, we will implement a token sale in order to make PURE DIAMOND PROJECT a reality. The cryptographic currency - PURE DIAMOND COIN (PDC) token, that is acquired at the token sale - will be used for trading PURE DIAMOND and expanding various projects. Please apply for the token sale through the following dedicated web page. Token sale exclusive online web page: http://purediamond-ico.com/
5-1. ICO period and selling price
ICO will be implemented according to the following schedule. Selling price of PDC token will differ depending on each phase; Etherium (ETH), Bitcoin (BTC), Ethereum Classic (ETC) and Bitcoin Cash (BCH) can be used to purchase PDC tokens.
Category
Period
Price
Presale
SEP. 1. 2018 17:00 - SEP. 25 23:59 Pre-sale. Public sale
I PDC = 12¢ equivalent
Phase 1
OCT. 5, 2018 17:00 - OCT 30 23:59 Phase I. Public sale
I PDC = 16¢ equivalent
Phase 2
NOV. 5, 2018 17:00 - NOV. 30 23:59 Phase 2. Public sale
I PDC = 21C equivalent

引用 https://purediamond-ico.com/img/white_paper_en.pdf?20180823

icocrypto.hatenadiary.com

icocrypto.hatenadiary.com

f:id:icobot:20180331205848p:plain

Firopエアドロップ期間限定2.5USD分配プラスLINE登録1.5USD合計4$を今すぐ受け取る!

【超人気神メルマガ】大注目ICOを完全無料配信!詐欺コインに騙される前にチェックする!

BTC以外の完全自動トレードシステム(C-TRADING)が今だけ無料キャンペーン実施中!