ICO爆上げ極秘情報|98%詐欺の仮想通貨市場で2%本物を探偵の視点で探り当てる!

ICOの超最新情報をいち早くお届けするブログ。仮想通貨の素人が手を出して痛い目に合うのが必至のICO案件!98%が詐欺と言われる中、本物の光を見出す。暗号通貨の富豪が勧めているICOなど極秘案件を多数紹介していく。

RADIAN(ラディアン)ICO※ハイリターン超神案件!?証券型仮想通貨・トークン

f:id:icobot:20180822211653p:plain

RADIAN(ラディアン)ICO※ハイリターン超神案件!?証券型仮想通貨・トーク

 

ラディアン
RADIANエグゼクティブサマリー
抽象
地球上にはこのようなトークンはありません。


「コインのコレクションが増えています。
CoinCircleは、既存の企業をトークン化するエンドツーエンドのプラットフォームです。トークンファクトリであり、業界をリードする製品やサービスを暗号化経済モデルでブロックチェーンに組み込みます。ラディアンは、CoinCircleプラットフォームで処理されたユーティリティトークンの割合を継続的に収集するトークンなどです。
Radianは、CoinCircleプラットフォームのメンバーシップトークンで、所有者にプラットフォームの排他的な領域への特別なアクセスを提供するだけでなく、購入者がその時点で保持しているRadianの量に比例する特別な割引を提供します。それはその有用性ですが、Radian自体ははるかにエキサイティングです。
ラディアンの所有者が清算することを選択した場合、ラディアンのスマート契約は即時に自己破棄され、その時点でラディウスの保有する数パーセントの個々のコインをウォレットに返却します。 Radianスマート契約は、ETHを含むERC20 +互換のデジタルトークンを保持します。
Radianトークンを保持することで、CoinCircleプラットフォームで起動または処理されたすべてのユーティリティトークンに効果的に参加できます。 Radianスマート契約は、CoinCircleプラットフォームを介して発行、移動、または取引されるすべてのユーティリティトークンのうち、わずかな割合を収集します
Radianトークンは、ユニコイン・ゴールドのようなCoinCircleプラットフォームからデプロイされ、発行されたトークンの重要な保有物も収集します。最終的に、ラディアントークンは、空間内で処理される高品質のトークンのかなりの割合を保持することができます。
ラディアントークンを通過して累積するすべての分数トークトランザクションを収集することにより


Radianトークンを保持することで、CoinCircleプラットフォームで起動または処理されたすべてのユーティリティトークンに効果的に参加できます。 Radianスマート契約は、CoinCircleプラットフォームを介して発行、移動、または取引されるすべてのユーティリティトークンのうち、わずかな割合を収集します
Radianトークンは、ユニコイン・ゴールドのようなCoinCircleプラットフォームからデプロイされ、発行されたトークンの重要な保有物も収集します。最終的に、ラディアントークンは、空間内で処理される高品質のトークンのかなりの割合を保持することができます。
これは、最終的に、ラディアントークンがCoinCircleプラットフォーム上で最もトランザクションされたユーティリティトークンの分散コレクションになる可能性があることを意味します。
Radianトークンを通過するすべての分数トークトランザクションを収集し、CoinCircleが発行するトークンの重要なパーセンテージを累積することで、Radianはまさにメンバーシップトークンの1つです。
1つのラディアントークンは、最終的に何千ものユニークなトークンに数十から数百、またはイベントハウスに分数のパーセンテージを保持することになり、ラディアントークンを保持し続ける限り、これらのトークンを収集し続けます。
デジタルトークン市場は、数年間で50億ドル以上に成長しました。

 


抽象

本稿では、子トークンのコレクションを指示するメタトークンであるRadianのアーキテクチャと、これらの子トークンを収集するメカニズムについて説明します。トークンは、スケーラブルで民主化されたプラットフォームに結合されており、資産のデジタル表現をブロックチェーンに簡単に導入できるほか、展開前にこれらの資産に対してデューデリジェンスを確実に実行するガバナンスメカニズムも利用できます。ネットワークは、ネットワークに展開する新しい資産を徹底的に調査する責任を負う検証者、これらの資産を展開するプロジェクト作成者、最初の販売に参加したい資産購入者の3種類の参加者で構成されていますこれらの資産の
地方分権化された資産の現状
現在、数千種類の分散型暗号が存在し、通常、Ethereumブロックチェーン上にERC-20ベースのトークンとして開始されています。これらのトークンの将来のユーザが、どのトークンが実際の有用性を提供するかを効率的に決定することは実用的ではない。取引所は、トークンを一覧表示する前に様々なレベルの勤勉を実行しますが、これらの資産の展開段階ではほとんど勤勉はしません。 2017年だけでは、初期コイン・オファリングとしても知られているトークンの売上げは、650億ドルを調達した[1]。これらのオファリングは、提供が行われる管轄区域の規則を無視した方法であっても、通常、細分化された非標準化された方法で容易にされます。
このような大量の資本がブロックチェーンの空間に流入すると、資本が流れる方向にクラウドソースによる影響があると考えられます。ラディアンネットワークは、この価値の流れに影響を与え、生態系の健全性を確保するのに役立つ参加者に報いながら、宇宙のための真の有用性を生み出す健康的な生態系のプロジェクトにつながるイニシアチブへの影響を与えることを目指しています。


トークンの有用性の測定
健全な生態系では、トークンは主に取引され、それが提供するユーティリティーのために使用されるべきです。公的元帳において、これは、他の目的(通常は投機)のための取引に対するトークンの効用に対する取引の比率を調べることによって測定することができる。真の有用性を有する健全なトークンは、トークンによって提供されるユーティリティを実現する目的で作成されたトランザクションの大部分を有する。これが今の場合であるかどうかを知るために、Ethereumブロックチェーン上のトランザクションの現在の状態を調べます。
この決定を行うために、ブロック#5995400のEthereumメインネットのデータ全体をPostgresデータベースに解析し、S??QLクエリを実行しました。結果は次のとおりです。

どの取引がERC-20契約であったかを判断するために、イベントログを解析し、署名Transfer(address、uint256)を発行するイベントを検索しました。この署名を持つイベントの発信元アドレスは、ERC-20契約でなければなりません。これにより、転送が実行されたことのないトークン、またはERC-20標準に準拠していないトークンがすべて失われます。
次に、スマートコントラクトが、スマート契約によって提供されるいくつかの有用性の代償としてトークン転送の要件を実装する傾向があることを理解する必要があります。トークンの送信者はスマートコントラクト(ユーティリティを提供するスマートコントラクトではなく)にスマートコントラクトで状態を変更する必要があるため、トークンの所有者がスマート契約を承認してトークンを使うことを許可する承認機能を指定します彼らのために。ユーザーはまずトークンの一部を使用するユーティリティを提供するスマートコントラクトを承認し、その後そのユーティリティを実現するために2回目のトランザクションを行う必要があります。最初のトランザクションでは、Toアドレスはトークコントラクトのアドレスになりますが、2つ目のトランザクションではToアドレスはユーティリティ提供契約のアドレスになります。
したがって、対処するアドレスがトークン契約であるトランザクションは、承認コールが行われていなければ実用目的ではなく、最大限は2Nであると仮定できます。ここで、Nはユーティリティ提供契約のトランザクション数です(ユーザーが料金を支払う必要がある料金を超える額の公益事業契約を承認した場合を除く)。
次に、契約を効用する可能性のある契約に対して行われたトランザクションの数を決定する必要があります。見積もりを出すために、我々は以下を計算する。
(契約実行総数) - (ERC20契約実行総数)

ERC20の取引件数はすでにわかっています。契約の合計トランザクション数を決定するために、入力データが定義されているすべてのトランザクションを調べます。これは、フォールバック機能が使用されているトランザクションとは一致しません。
以上のことから、ユーティリティ提供契約の総取引件数は1,668,761であり、契約実行による取引総数の約1.5%であるのに対して、ERC-20契約との取引は約98.5%である。
言い換えれば、ほとんどすべてのトランザクションは、実用性を実現するものではありません。ユーティリティの価値が投機的価値を上回る健全なエコシステムでは、ユーティリティ実現トランザクションの割合は50%以上になります。後のセクションでは、この統計をRadian Networkで正しい方向に移動する方法について説明します。
ユーティリティのボトルネック
前述のトークンの有用性は利用可能であるが、他の要因によってボトルネックになる可能性がある。主な犯人は、チューリング完全ブロックチェーンのスケーラビリティ、スピード、およびトランザクションコストのようです


分散アプリケーションをサポートしています。これらが分散アプリケーションの実用性における重要な要素であることを考えると、これらのボトルネックは、そのユーティリティが技術的に利用可能であっても、実際のユーティリティを実現することを妨げる可能性があります。
書面の時点で、Ethereumでの取引の送信コストは21,000ガスで、約0.05ドルになります(ガス価格は5グワイと仮定します)。ユーティリティー実現トランザクションはスマートな契約を実行するため、その料金はおそらく高くなります。これはお金を送るなどのアクションでは問題ありませんが、チェスゲームでピースを動かしたり、分散型DNSサーバーのレコードを更新するなど、アプリケーションの典型的な機能には実用的ではありません。確認時間はまた、特にユーザーエクスペリエンスが集中化されたアプリケーションよりもかなり長い確認時間によって劇的に影響を受ける場合、一部のアプリケーションを非実用的にします。
断片化
現在、展開の準備をしている分散資産に関する情報とデータは、非常に細分化されており、異質で混乱しています。この情報は、典型的には、さまざまなウェブサイト、フォーラム、ソーシャルネットワークに散在しています。レビューサイトが金銭的インセンティブの見返りに偏ったレビューをするのは非常に一般的です。
今日開始されたトークンの多くは、本質的に企業の在庫であるかのように機能しますが、トークンが通過するプロセス、規制、勤勉さは基本的には存在しません。

IPOに必要なステージングプロセス。公的規制を受けた市場は、投資家を保護し、企業の責任を維持するために多くの小切手と残高を設立しています。企業は、投資家に四半期報告書、財務書類、貸借対照表など、これらの資産の根底にある価値に関する透明性を確保します。
この種のシステムに固有のアカウンタビリティのレベルを分散資産の生態系に移すことで、公共市場で利用可能な成熟度と効用が分散資産空間にもたらされる可能性があります。この種のシステムは、これらの資産に関する重要な情報を単一のスマートな契約の状態に最適化するのに役立ち、トークン購入者に同様の透明性を提供するために、追加されたレコードに最小限の属性を含めることを検証する必要があります。
ラディアン
Radianは、オン・チェイン・アプリケーションとオフ・チェーン・アプリケーションを組み合わせたネットワークを記述しています。これらのアプリケーションは、分散型資産エコシステムにおける前述の問題に対処するために、2つのシステムの協力を調整するトークンによって補強されています。

RADIAN
RADIAN EXECUTIVE SUMMARY
Abstract
There really is no other token like this on earth.

 


'It's a growing collection of coins.
CoinCircle is an end to end platform for tokenizing established companies; a token factory, putting industry leading products or services on the blockchain with a crypto-economic model. Radian is a token which continuously collects a percentage of utility tokens transacted or deployed on the CoinCircle platform, and much more.
Radian is a membership token for the CoinCircle platform, giving its holders special access to exclusive areas of the platform, as well as exclusive discounts proportional to the amount of Radian the buyer is holding at the time. That is its utility, but Radian itselfis much more exciting.
Should the holder of Radian choose to liquidate, the Radian smart contracts will immediately self destruct, and will return to the wallet a fractional percentage of individual coins that the Radian holding represents at the time. The Radian smart contract will hold any ERC20+ compatible digital token, including ETH.
By holding the the Radian token, you will effectively be able to passively participate in all of the utility tokens launched or transacted on the CoinCircle platform. The Radian smart contract collects a small percentage of all the utility tokens that are issued, moved through or transacted across the CoinCircle platform
The Radian token will also collect signifcant holdings of tokens deployed and issued from the CoinCircle platform, such as Unikoin Gold. Eventually, the Radian token could hold a signifcant percentage of high quality tokens transacted in the space.
By collecting all fractional token transactions that flow through the Radian token and also accumulating


By holding the the Radian token, you will effectively be able to passively participate in all of the utility tokens launched or transacted on the CoinCircle platform. The Radian smart contract collects a small percentage of all the utility tokens that are issued, moved through or transacted across the CoinCircle platform
The Radian token will also collect signifcant holdings of tokens deployed and issued from the CoinCircle platform, such as Unikoin Gold. Eventually, the Radian token could hold a signifcant percentage of high quality tokens transacted in the space.
This means that ultimately, the Radian token could become a distributed collection of the most transacted utility tokens on the CoinCircle platform.
By collecting all fractional token transactions that flow through the Radian token and also accumulating signifcant percentages of the tokens that CoinCircle issues, Radian is truly a one of a kind membership token.
One Radian token could ultimately end up holding fractional percentages of dozens, to hundreds, or eventhousands upon thousands of unique tokens, and it will continue to collect these tokens over time so long as you continue to hold the Radian token.
The digital token market has grown to over $50B in a few years.


Abstract

This paper describes the architecture for Radian, a meta-token which directs a collection of child tokens, and a mechanism to collect these child tokens. The token is coupled to a scalable, democratized platform through which digital representations of assets can be easily deployed to a blockchain as well as a governance mechanism to ensure due diligence is performed on these assets before deployment. The network consists of three types of participants: validators who are responsible for performing diligence on new assets that they would like deployed on the network, project creators who would like to deploy these assets, and asset purchasers who would like to participate in the initial sale of these assets.
Current State of Decentralized Assets
Today, thousands of different types of decentralized cryptos exist, typically launched as ERC-20 based tokens on the Ethereum blockchain. It is impractical for a prospective user of these tokens to efficiently make a determination as to which tokens offer actual utility. Exchanges perform varying levels of diligence before listing tokens, however, there is little to no diligence done at the deployment stage of these assets. In 2017 alone, token sales, also known as Initial Coin Offerings, raised $6.5 Billion[1]. These offerings are typically facilitated in fragmented, non-standardized ways, even in manners that disregard regulations of the jurisdiction in which the offering takes place.
With such a large amount of capital flowing into the blockchain space, we believe there should be a crowdsourced influence on the direction in which that capital flows. The Radian network aims to influence the flow of this value towards initiatives which result in a healthier ecosystem of projects which create true utility for the space, while rewarding participants that assist in ensuring the health of the ecosystem.


Measuring the Utility of Tokens
In a healthy ecosystem, tokens should primarily be transacted and used for the utility it provides. On a public ledger this can be measured by looking at the ratio of transactions for the utility of the token against transactions for other purposes (usually speculation). A healthy token with true utility would have the majority of its transactions created with the purpose of realizing the utility provided by the token. To find out if this is the case now, we will look at the current state of transactions on the Ethereum blockchain.
To make this determination, we have parsed the entirety of the data on the Ethereum mainnet at block #5995400 into a postgres database and executed SQL queries against it. The results are as follows:

In order to determine which transactions were ERC-20 contracts, we parsed the event log and looked for any events that emit the signature Transfer(address,uint256). We assume that any address from which an event with this signature was emitted must be an ERC-20 contract. This will miss any token that has never had a transfer executed, or any token that does not comply with ERC-20 standards.
Next, we need to understand how smart contracts tend to implement the requirement of a token transfer in return for some utility provided by the smart contract. Because sending tokens requires mutating state in the smart contract of the token itself (rather than the smart contract providing the utility), the ERC-20 standard specifies an approve function which allows a holder of a token to approve a smart contract to spend some tokens on their behalf. The user must first approve the smart contract providing the utility to spend some of their tokens, then make a second transaction afterwards to realize that utility. In the first transaction, the to address will be the address of the token contract, whereas in the second transaction, the to address will be the address of the utility-providing contract.
Therefore, we can assume that transactions where the to address is a token contract is not actually for the purpose of utility unless an approve call is being made, the maximum bound being 2N, where N is the number of transactions to utility-providing contracts (excluding cases where the user approves the utility-providing contract for an amount larger than the fee they need to pay).
Next, we must determine the number of transactions made to contracts that are possibly utility providing contracts. To come up with an estimation, we calculate the following:
(total contract execution transactions) - (total ERC20 contract execution transactions)

We already know the ERC20 transactions count. In order to determine the total transaction count to contracts, we look at all transactions where the input data is defined. This will not match transactions where the fallback function is used.
Given the above, the total number of transactions for possibly utility-providing contracts is 1,668,761 which is about 1.5% of the total transaction count with contract executions, whereas transactions to ERC-20 contracts makes up about 98.5% of total transactions to contracts.
In other words, almost all transactions are not for realizing utility. In a healthy ecosystem where the value of utility outweighs the value of speculation, the percentage of utility-realizing transactions would be over 50%. In later sections we discuss how to move this statistic in the right direction with the Radian Network.
Bottlenecks for Utility
It's possible that the utility of the aforementioned tokens are available but bottlenecked by other factors. A primary culprit seems to be the scalability, speed, and transaction costs of turing-complete blockchains


which support decentralized applications. Given these are important factors in the practicality of a decentralized application, it is possible that these bottlenecks are preventing some tokens from realizing their true utility, even though that utility is technically available.
At the time of writing, the cost of sending a transaction on Ethereum is 21,000 gas, which amounts to roughly $0.05 (assuming 5 gwei gas price). Because utility-realizing transactions will execute a smart contract, that fee will likely be higher. This is fine for actions like sending someone money, but is not practical for typical functions of an application, such as moving a piece in a chess game or updating a record in a decentralized DNS server. The confirmation time also makes some applications impractical, especially if the user experience is dramatically affected by confirmation times that take significantly longer than a centralized application.
Fragmentation
Currently, information and data regarding decentralized assets preparing for deployments and descriptions of their utility are very fragmented, disparate, and disorganized. This information is typically scattered across various websites, forums, and social networks which lack credibility due to maligned, centralized incentives. It is very common for a review site to give a biased review in return for a monetary incentive.
Many of the tokens launching today are built to essentially act as if they were stock in a company, yet the process, regulation, and diligence that a token goes through is basically non-existent when compared to the

staging process required for an IPO. The public, regulated markets institute many checks-and-balances to protect investors and to keep companies accountable. They ensure that companies provide investors with transparency as to the underlying value of these assets, such as quarterly reports, financials, balance sheets, and more.
Transposing the level of accountability inherent to this sort of system onto the ecosystem of decentralized assets can bring the maturity and utility available in public markets to the decentralized asset space. A system of this sort should also help defragment important information regarding these assets into the state of a single smart contract, and should validate that added records include a minimum set of attributes in order to provide similar transparency for token purchasers.
Radian
Radian describes a network which consists of an on-chain application coupled with an off-chain application. These applications are bolstered through a token to coordinate the cooperation of the two systems to combat the aforementioned issues in a decentralized asset ecosystem.
引用https://radian.sale/whitepaper

 完全に冷え切った市場を表すかのようにいまだに初期の0.37ドルで売られているようである。

 

20億調達するごとに価格が上昇するようにブロックチェーンで管理されているようであるので、買いたい方は今のうちというところか。

 

自分は一切投資していないのだが。

f:id:icobot:20180801212336j:plain

icocrypto.hatenadiary.com

icocrypto.hatenadiary.com

f:id:icobot:20180331205848p:plain

Firopエアドロップ期間限定2.5USD分配プラスLINE登録1.5USD合計4$を今すぐ受け取る!

【超人気神メルマガ】大注目ICOを完全無料配信!詐欺コインに騙される前にチェックする!