ICO爆上げ極秘情報|98%詐欺の仮想通貨市場で2%本物を探偵の視点で探り当てる!

ICOの超最新情報をいち早くお届けするブログ。仮想通貨の素人が手を出して痛い目に合うのが必至のICO案件!98%が詐欺と言われる中、本物の光を見出す。暗号通貨の富豪が勧めているICOなど極秘案件を多数紹介していく。

マインコイン(Mine)トークン設計が大幅変更!発行枚数激減!

f:id:icobot:20180807123816p:plain

[重要] MINEのトークン設計を変更します


※今回のトークン設計変更は、MINEの価値をよりあげるために実施します。ご確認ください。

 

こんにちは。

 

MINE運営チームです。

 

しばらくアナウンスが止まってしまい申し訳ありません。

 

しかしご安心ください。

 

MINEプロジェクトは着実に進行しています!

 

MINEウォレットのα版開発、マイニングファーム建設、マイニングリグのテスト稼働、そして大手取引所への上場交渉を進めており、いずれもリリースの日が近づいております。

 

今回、MINEホルダーの皆様に重要なお知らせがあります。

 

ここ最近、暗号通貨に関する各国の規制や制度が急速に整備されつつあり、新しいトークンの上場についても非常に厳しい審査が課されるようになりました。

 

MINEチームも数ヶ月前から上場交渉を行っていましたが、いくつかの問題点を指摘されていました。

 

問題点1

トークンの総発行数が多すぎるため、技術的な観点から上場を受け入れない取引所が多く存在する

 

問題点2

マイニングされたETHを直接的に配当することは、中国や米国において証券性が高いとみなされるリスクがある

 

問題点3

発行されている全てのトークンが一般投資家に所属するトークン設計は、価格の急上昇、急落を招く恐れが高い

 

もちろん、上記のような問題点を全て無視して取引所へ上場させることも可能ではあります。

 

ただしそういった取引所は信頼性の面で問題があったり、十分な流動性を確保できない傾向にあります。

 

MINEチームでどちらの選択肢を取るべきか検討し、将来にわたってMINEの価値を向上させて行くためには信頼性の低い弱小取引所ではなく、大手取引所へ上場させることが重要だという結論となりました。

 

そこで最新の規制に適合するため、MINEのトークン設計を変更します。

 

設計変更にあたっては、既存の投資家が不利益を被ることのないよう十分に注意して検討が行われました。

 

また既存投資家の保護と規制への適合のバランスを取るという難題を解決するため、中国の専門チームからコンサルティングを受け、変更を進めてきました。

 

以下に変更点を記載します。

 

変更点1

トークンの総発行数は2500億、発行上限なし

トークンの総発行数は25億、発行上限を固定

トークンの総発行数を1/100に切り下げします。

これに伴い1MINEあたりの価格は0.001ドルから0.1ドルとなります。

 

よって新しいMINEトークンを発行し、既存のホルダーに対して再度送金します。MINEウォレットの完成を待つユーザーは特に影響なく、新トークンが配布された状態でアカウントにログインできるようになります。

 

現在と比較して保有トークン数が1/100に減少することになりますが、これは価値の減少をもたらすものではありません。

 

むしろ発行上限が固定されることにより、MINEの価値が上昇しやすい設計となります。

 

変更点2

マイニング収益をETHで配布

→マイニング収益をMINEで配布

 

マイニング収益をETHで配布することが中国やアメリカにおいて法的なリスクを抱える可能性があるため、ETHと同価値のMINEがインセンティブプールより配布される形式へと変更します。

 

例:マイニング収益が10000ドル相当のETHの場合、10000ドル相当のMINEがインセンティブプールより解放され、MINEホルダーへ配布される。

 

ETHとMINEの交換比率は、セカンダリーマーケットの24時間平均価格を元に、毎日決定・告知されます。

 

また上場前はクラウドセールの価格を元に交換比率が決定されます。

 

変更点3

MINEウォレットの中に、MINEをETHへと交換できる機能を追加

 

マイニング収益の配布がMINEで行われるようになるため、ウォレット内でMINEをETHに交換できる機能を新設します。

 

ウォレット内にあるMINE自動交換設定をオンにすることで、毎日MINEが配布されるタイミングで自動的にETHへと交換されます。

 

ただし、ETHへと自動交換できるのは新規で配布されたMINEだけで、セカンダリーマーケットなどから調達したMINEはウォレット内でETHに交換することはできません。

 

変更点4

トークアロケーションの変更

 

当初のホワイトペーパーでは全トークンをICOで販売することを計画していました。

 

しかし冒頭で述べたように全トークンを一般投資家が保有することは取引所が好まないこと、またマイニング収益の配布モデルを変更することによってインセンティブプールを設ける必要ができたことから、トークアロケーションを以下のように変更します。

 

38%(9.5億トークン)…トークンセール

32%(8億トークン)…インセンティブプール

30%(7.5億トークン)…開発用資金


私たちは1stラウンドICOで約6億トークンを販売完了しています。

 

よって2ndラウンドICOで残り3.5億トークンを販売します。

 

2ndラウンドICOの販売価格は1stラウンドICOよりも高く設定されます。

また開発用資金はスマートコントラクトによってロックされ、6ヶ月ごとに5%(1.25億トークン)ずつ解放されます。

 

解放されたトークンはICOと同様に70%をマイニングファームへの投資、30%を運用や開発などMINEプロジェクトの価値を向上させるために利用されます。

 

この方式は株式市場におけるPOと似たものです。

 

ICOによって一度に大量の資金調達を行うよりもプロジェクトの進行に合わせて資金調達を行う方が、投資家の価値を毀損しにくいと考えるからです。

 

変更点5

MINEマーケット買い上げプログラムの導入

 

今回の変更によりMINEは発行上限が固定され、配当総量はインセンティブプールに保管される8億トークンとなります。

 

マイニング収益の配布や、MINEデビットカード利用時の還元はこのインセンティブプールより行われるので、全てのトークンを配布し終わった場合は市場からのMINE買い上げプログラムが開始されます。

 

市場から買い上げたMINEは今までと変わらずMINEホルダーへの配当へと充てられますが、日々市場から直接MINEを買い上げるため、MINEの価値は継続的に向上する設計となっています。

 

以上のように、規制に適合するためのアップデートとなりますが、今までよりもMINEのトークンエコノミーがより高いレベルへと設計し直され、投資家にとってポジティブな影響をもたらすものと確信しています。

 

これからもMINEプロジェクトをどうぞよろしくお願いいたします。

 

MINE運営チーム

https://medium.com/@mine.official/重要-mineのトークン設計を変更します-e4d130678382

f:id:icobot:20180801212336j:plain

icocrypto.hatenadiary.com

icocrypto.hatenadiary.com

f:id:icobot:20180331205848p:plain

Firopエアドロップ期間限定2.5USD分配プラスLINE登録1.5USD合計4$を今すぐ受け取る!

【超人気神メルマガ】大注目ICOを完全無料配信!詐欺コインに騙される前にチェックする!

祝2018年上場決定記念!先着6000万円分コイン無料配布キャンペーン実施中!