ICO爆上げ極秘情報|98%詐欺の仮想通貨市場で2%本物を探偵の視点で探り当てる!

ICOの超最新情報をいち早くお届けするブログ。仮想通貨の素人が手を出して痛い目に合うのが必至のICO案件!98%が詐欺と言われる中、本物の光を見出す。暗号通貨の富豪が勧めているICOなど極秘案件を多数紹介していく。

ヒュンダイダック(HyundaiDAC)Bibox上場で爆上げのようで実は・・・損をした者とは

f:id:icobot:20180608195612p:plain

ヒュンダイダック(HyundaiDAC)Bibox上場で爆上げのようで実は・・・

 

一見すると爆上げしているようなチャートには見える。

 

だが、レートをよく見ると

f:id:icobot:20180608195725p:plain

1DAC=42.412円付近である。

 

プレセールが去年9月15日に締めだったので、そのビットコイン(307339円)の価値から計算すると1DACあたり約13円である。

 

ここで買えた方は3.2倍の利益が出ているという形となる。

 

が11月27日から12月22日にTGE(セントラリティのCTIAではない笑)と称する期間にも同じ枚数で販売されている。

 

この時のビットコインの価値は100万円を突破している。

 

おおざっぱに100万として計算すると1DACあたり45円の計算となる。

 

9月と11月に買った者とでは1DACに3.4倍の価格の開きがある。

 

11月購入組は多少の損失である。

 

ICOとしてはまずまず成功ではないのか。

 

発行枚数上限が120億枚とあるので時価総額が相当なところにすでに到達している。

f:id:icobot:20180608201831p:plain

投資における神の道、情報の信頼性、源泉からの距離、実需、それと原価かどうかが重要となる事例である。

 

極端なボーナス、ICO期間中の価格高騰で83%がICO割れを起こし失敗する。

 

運営が語る長い目で見てとか、一流のマーケットメイクがなんちゃらでという言い訳は投資家には通用しない。笑

 

ブロックチェインをIoTにする


デジタル革命の最新のことは、物事のインターネット(IoT)の普及です。 IoTは、互いに通信し、ウェアラブルバイス、スマートカー、スマートホーム機能などのデータを生成する、接続されたデバイスのWebです。これらの製品はインターネットに接続されており、消費者にとってより快適でシンプルな生活を送るために使用されているデータを生成しています。

しかし、最近、ユーザーからストリーミングされたすべてのデータ(各ユーザーが1日あたり0.77GBのデータを作成するという推定があります)では、システムはそのデータを制御してその目的に使用することが難しいと認識しています。問題は、データ量が膨大であり、すべてのノイズをフィルタリングして、実際に意味のあるデータに到達できることです。 IoTが拡大するにつれて(1つの専門家は2025年までに80億個以上の接続デバイスが存在すると言う)、ソリューションの必要性も拡大し続けるだろう。

IoTのブロックチェイン
Hdac(現代デジタルアセットカンパニー)と呼ばれる新しい会社が、現在IoTに直面している問題のブロックチェーンソリューションを作成しています。同社は自動車メーカーの甥によって所有されているHyundaiの支援を受けており、Blockchain技術を適用して迅速かつ効果的に通信し、身元、認証、データストレージを処理しています。

このシステムは、両方のシステムにブリッジを構築することで、BitcoinおよびEthereum Blockchainsに対する支払い処理を容易にするように設計されています。さらに、Hdacシステムは、取引速度および取引量を増加させるために、公衆1つと私的な2つのチェーンシステムを組み込んでいる。これは、プラットフォームがIoTデバイスと産業ネットワークの両方に適用可能であることを意味します。

Hdacが提供する柔軟性のため、ユーザーは独自の取引手数料を選択することができます。また、システムは、ほとんどのデータシステムとは異なり、スマート契約を作成する機能を備えています。最後に、システムは、IoT上のデータを処理するための機密性、不変性および完全性を提供する。

共有パワー
このプラットフォームを私有化するのではなく、地方分権化を通じてIoTデータ管理システムを世界中に開放することを決めました。そのために、ユーザーはトークン生成イベント(TGE)に参加する機会を提供しています。さらに、コミュニティの力を組み込むことで、Hdacは新しい大規模な製品を流通させ、新しい開発を強化するために他のブロックチェーンの専門家とつなげることができます。

TGEは11月27日に9時まで開幕する予定で、12月22日23時55分(GMT)に終了する予定です。この売却により、トランザクション、スマート契約作成、データの収益化および処理のためにプラットフォーム上で使用されるDACトークンが生成されます。事前に13,000のBTCを事前に調達していれば、TGEは根本的に成功するだろう。

11月24日以前に登録したユーザーは、無料のDACトークンを50枚無料で入手できるようになりました。報酬を受け取るために1000人の登録者がランダムに選出された。詳細は、こちらのホワイトペーパーを参照してください。

Bringing Blockchain to IoT


The latest thing in the digital revolution is the proliferation of the Internet of Things (IoT). The IoT is a web of connected devices that communicate with each other and produce data, like wearable devices, smart cars and smart home features. These products are connected to the Internet and are producing data that is being used to make life more comfortable and simple for consumers.

However, with all the data streaming from users these days (one estimate is that each person creates 0.77 GB of data per day!), systems are finding it hard to control and use that data for their purposes. The problem is that the amount of data is huge, and being able to filter out all of the noise and get to the data that is really meaningful. As the IoT grows (one expert says there will be more than 80 bln connected devices by 2025), the need for solutions will continue to grow as well.

Blockchain for IoT
A new company, called Hdac (Hyundai Digital Asset Company) is creating a Blockchain solution for the problems that are currently facing the IoT. The company is backed by Hyundai, owned by the nephew of the car manufacturing owners, and is working to apply Blockchain technology to quickly and effectively communicate, handle identity, authentication and data storage.

This system is also designed to facilitate the processing of payments over the Bitcoin and Ethereum Blockchains by building bridges to both systems. Further, the Hdac system incorporates a double chain system - one public and one private - in order to increase transaction rate and volume. This means that the platform is applicable for both IoT devices and also industry networks.

Because of the flexibility Hdac provides, users are able to select their own transaction fees, plus the system is built with the ability for users to create smart contracts, unlike most data systems. Finally the system provides confidentiality, immutability and integrity for processing data on the IoT.

Sharing power
Rather than keeping this platform privately owned, the company has decided to open the system of IoT data control to the world through decentralization. To that end, they are offering users the opportunity to participate in their Token Generation Event (TGE). Further, by incorporating the power of the community, Hdac will be able to build new and larger-scale products for distribution and connect with other Blockchain experts for empowering new developments.

The TGE is set to kick off on Nov. 27 at 9 GMT and will conclude on Dec. 22 at 23:55 GMT. The sale will generate the DAC tokens that will be used on the platform for transactions, smart contract creation and data monetization and processing. Having already raised 13,000 BTC in their pre-sale, no doubt the TGE will be radically successful.

Users who registered before Nov. 24 were eligible for entry into a drawing for 50 free DAC tokens. One thousand of the registrants were chosen at random to receive the reward. For more information, check out the company whitepaper here.

https://cointelegraph.com/news/bringing-blockchain-to-iot

 

 

f:id:icobot:20180801212336j:plain

icocrypto.hatenadiary.com

icocrypto.hatenadiary.com

f:id:icobot:20180331205848p:plain

Firopエアドロップ期間限定2.5USD分配プラスLINE登録1.5USD合計4$を今すぐ受け取る!

【超人気神メルマガ】大注目ICOを完全無料配信!詐欺コインに騙される前にチェックする!