ICO爆上げ極秘情報|98%詐欺の仮想通貨市場で2%本物を探偵の視点で探り当てる!

ICOの超最新情報をいち早くお届けするブログ。仮想通貨の素人が手を出して痛い目に合うのが必至のICO案件!98%が詐欺と言われる中、本物の光を見出す。暗号通貨の富豪が勧めているICOなど極秘案件を多数紹介していく。

FREAKSTREAM ICO※驚愕のエアドロップ100XFS!P2Pライブストリーミングネットワーク仮想通貨!

f:id:icobot:20180608180239p:plain

FREAKSTREAM ICO※驚愕のエアドロップ100XFS!P2Pライブストリーミングネットワーク仮想通貨!

 

FREAKSTREAM ICO※驚愕のエアドロップ100XFSの詳細はコチラ

5.1. FREAKSTREAM
の優位性

 


僕らには、いくつかの画期的なアイデアによってこれらを解決していく方法がある。そして
ストリーミングサービスに新たな価値を作れるものと確信している。

 


[
インフラストラクチャー
]


P2P
分散プロトコルとして、
IPFS(InterPlanetary File System)
を採用することにより、あらゆ
るコンテンツデータの格納および配信コストは大幅に削減される。

 


今日の
HTTP
通信
では、どこかの
Web
サイトを訪問する際、そのファイルが格納された
コンピュータへ直接接続する事が必要である。サーバが遠くにあった場合
には
、転送処
理に必要な帯域を大幅に消費する。

 


IPFS
では、
アドレスの指定を
IP
ではなく
コンテンツ
自体
を指定する
ことになり
、起点のサー
バを必要としない。特定のサーバ環境に依存せず、データを失う事も、混雑するといった
概念すらない。究極的にはオフラインでのアクセスを実現して、途上国を始めとする接続
が不安定な
通信回線
でも
不自由なく閲覧可能になる。

 


[
コンテンツ所有権
]


ストリーマーが
IPFS
ネットワ
ーク

コンテンツをアップロードしたい、またはブロードキャストし
たい場合、その配信データの所有権を明示するため
IPFS
プロトコル
に申請および承認を
求める必要がある。承認は、
IPFS
ノードの署名によって合意形成を図り成立する。

 


このプロセスは、
FREAKSTREAM
の中で最も重要な要素であり、申請に署名する行為か
ら、サイニングと呼ぶ。サイニングには、承認を行ったノードの署名データが書き記され、
申請したストリーマーはそれを受け取る。この
コンセンサス
アルゴリズムは、
IPFS
ノードから
Autograph
をストリーマーに贈るような振る舞いをすることから、
Proof of Autograph
(以

PoA
)と名付けた。

 


本来は、ストリーマーからファンに
Autograph
を贈るべき流れであるが、これに逆流を起
こす事によって、ファンのエモーショナルな承認欲求に働きかける事をインセンティブとし
た、
FREAKSTREAM
の最も特徴的でエキサイティングな設計であると自負する。

 


[
匿名性
]


これは
ZCash
が備えたゼロ知識証明のような暗号化技術を目指したものではなく、
個人
情報を必要としないネットワークである。これにより身分証を持たないユーザーでも、誰も
が自由にネットワークに参加する事が可能となり

新たな表現、新たなストリーマー誕生
のきっかけになると考えている。

 



5.3.
機能

 


FREAKSTREAM
が持つ機能とその特性を紹介する。

 

 


[
ストリーミング
]


主体機能。ストリーマーの配信コンテンツをアップロードまたはブロードキャストする場合、
IPFS
ネットワーク
へ申請が必要になる。
FREAKSTREAM

IPFS
ノードによって合意形成
(サイニング)によって承認が行われる。これにより
IPFS
ネットワークに接続が可能となり、
FREAKSTREAM
を通じてブロードキャストされる。スペクテイターはこれによりライブ配信
およびコンテンツの視聴が可能になる。

 

 


[
サイニング
]


IPFS
ネットワークへの申請は、申請者であるストリーマーが手数料(トークン)を支払う事
で実行される。申請の承認は複数の
IPFS
ノードが行い、署名(サイニング)する事で、
IPFS
ノードはその申請時の手数料を報酬として得る事ができる。

 


なお、
この
IPFS
ノードはスペクテイターかつストリーマーのファンダムで構成される事が予
想され、ストリーマーに貢献したい熱量によりサイニングを促進させるため、手数料がイン
センティブとして働く事に期待していない。彼らにとっては、ストリーマーの申請に自身の
署名データが書き記される事の方が、遥かに価値がある。

 

 


[
チアリング
/
スポンサード
]


ストリーマーにとっての収益源となり、
FREAKSTREAM
インセンティブ設計の一つであ
る。

 


チアリング:


応援したいストリーマーへの課金または善意の支援・
寄付

 


スポンサー:


営利団体がスポンサーとして配信者にオファーする事が可能



Twitch
のスポンサー登録のようなサブスクリプションモデル
ではない)

 

 

 



[
ホール
/
ルーム
]


アカウント同士のコミュニケーションツール。アバターを通じてチャットを楽しめる一般的な
ストリーミングサービスと同等の機能。

 


ホール:


ファンダム同士の交流スペース

 

 


ルーム:


特定の複数または
1

1
でコミュニケーション

 

 



[
オーガナイズ
]


コンペンション、コンテスト、コラボレーション、等様々なイベントを立案できる。ユーザーで
あれば誰でも発起する事ができる。これは複数アカウントのチーム編成も可能。


投票、表彰、賞金等、イベントを立案する際に必要な機能が搭載される。

 

 


[
ライセンス著作権
]


ストリーマー自身がライセンスを選択する事ができる。段階的に選ぶ事もコンテンツの一
部に制限を設ける事も可能になる。ライセンスの種別は規定のものを選べるが、条文と
機能制限を調節することが可能。

 



6.2.
コンセンサスアルゴリズム
Proof
of Autograph (PoA)

 


ブロックチェーン技術の中で最も重要なイノベーションであるコンセンサスアルゴリズム
はどのような役割があるだろうか。それは

ブロックチェーンの特徴でもある台帳管理
にお
いて

管理主体を持たずに透明性と検閲耐性を兼ね備えるために、その維持に努める
参加者へのインセンティブ設計であり、そのブロックチェーンが自律稼働するために必要
不可欠な
要素
である。

 


コンセンサスアルゴリズムにはいくつかの種類がある。


ブロックチェーンの生みの親であるサトシ・ナカモトが考案したコンセンサスアルゴ
リズムの
代表格である
PoW
、その
PoW
に残る幾つかの問題点を改善されたといわれている
PoS
がある。そして
PoW

PoS
で問題視されたマイニングによる富の偏りを防ぐことを重点に
おいて開発された
PoI
がある。

 


この3つのコンセンサスアルゴリズムは、それぞれ特徴的な構造によって成立しているが、
共通項としてクリプトカレンシー(あるいはトークン)が持つ経済的価値そのものやその価
値向上のための貢献欲求を中心とした設計により合意形成を促進、維持している点に
ある。

 


これに対して、
FREAKSTREAM
が導入するコンセン
サスアルゴリズム
PoA
のインセンティ
ブ設計は、ファンダムが持つエモーショナルな熱量を代替燃料とした概念で合意形成を
行う。これまでのような、合理主義的な概念の合意形成とは全く異なるアプローチをして
いる。

 


FREAKSTREAM
では、ストリーマーがブロードキャストしたい、あるいはコンテンツをアップ
ロードしたい場合に、
IPFS
ネットワークへの申請が必要となる。そしてこの申請を承認する
ために、ストリーマーは承認者からの署名を集める必要があり、
FREAKSTREAM
の承認
者である
IPFS
ノードに呼びかける必要がある
。前提として、このノードの大半が
FREAKSTREAM
に登録するストリーマーのファンであり、スペクテイターでもあると予想さ
れる。

 


例えば、ある女性ストリーマーがコンテンツをアップロードしたい場合、彼女は手数料

XFS
トークン)を支払い申請する。この申請を承認するために署名を行うアカウントは
IPFS
ノードであり、彼女を応援するファンダムの一人でもある。彼らは喜んでこの承認作
業に加わり、かつ継続的に行いたいと考える。

 


この承認作業は、申請に署名する行為から、サイニングと呼ぶ。サイニングには、承認を
行ったノードの署名データが書き記され、申請したストリーマーはそれを受け取る。このア
ルゴリズムは、ファンである承認者から
Autograph
をストリーマーに贈るような振る舞いを
することから、
Proof of Autograph
と名付けた。本来は、ストリーマーからファンに
Autograph
を贈るべき流れであるが、これに逆流を起こす事によって、ファンのエモーシ

ホワイトペーパー抜粋

 

f:id:icobot:20180608182243p:plain

ソフトキャップが300万ドル、ハードキャップが1500万ドルとかなり規模は大きくはない。

 

1XFSが1ドルとなっている。

 

エアドロップは6万人に対して100XFSの付与が行われる。

f:id:icobot:20180608182823p:plain

FREAKSTREAM ICO※驚愕のエアドロップ100XFSの詳細はコチラ

icocrypto.hatenadiary.com

icocrypto.hatenadiary.com

icocrypto.hatenadiary.com

f:id:icobot:20180331205848p:plain

Firopエアドロップ期間限定2.5USD分配プラスLINE登録1.5USD合計4$を今すぐ受け取る!

【エアドロップ1,000枚】ホリエモン大注目※ナムコイン(NAMCOIN) ICO登録・購入はコチラ

【神メルマガ完全無料】優良と粗悪な仮想通貨を徹底解説であのコインの未来が分かる!