ICO爆上げ極秘情報|98%詐欺の仮想通貨市場で2%本物を探偵の視点で探り当てる!

ICOの超最新情報をいち早くお届けするブログ。仮想通貨の素人が手を出して痛い目に合うのが必至のICO案件!98%が詐欺と言われる中、本物の光を見出す。暗号通貨の富豪が勧めているICOなど極秘案件を多数紹介していく。

Orchid(オーキッド)ICO【超神レベル案件】キングオブコインがガチ推奨する仮想通貨ついに解禁!OCT

f:id:icobot:20180515190449p:plain

f:id:icobot:20180517175259p:plain

Orchid(オーキッド)ICO【超神レベル案件】キングオブコインがガチ推奨する仮想通貨ついに解禁!OCT

Orchid(オーキッド)ICO※プライベートセール参加・購入はこちら

f:id:icobot:20180516173440p:plain

【ORCHIDにはこの地球上に仮想通貨を作り上げたと言っても過言ではないイーサリアム
の共同創始者ギャビンウッド博士が参画しています】

「誰がプロジェクトに関わっているか」
これは暗号通貨関連事業の成功において
最も核となるとも言えます。

このORCHIDにも例外なく
様々な分野の成功者や
スペシャリストが名を連ねていますが

ORCHIDのプロジェクトを支える
”最重要な技術の部分”には

この地球上に
仮想通貨を作り上げたとも言われている

あのイーサリアムの共同創始者であり
前CTO(最高技術責任者)の
Dr.Gavin Wood(ギャビン・ウッド博士)が参画しています。

あのカルダノ財団(エイダコイン)の
チャールズ・ホスキンソン氏はこのギャビンウッド博士について
このように雑誌で公的な発言しました。

以下に抜粋してご紹介します。

f:id:icobot:20180513192333j:plain

「Ethereumは様々な「創業者」がいた。テクノロジーサイドの創業者と、ビジネスサイドの創業者だ。このうちテクノロジーサイドの創業者と言えるのが、ヴィタリック、ギャビン・ ウッド(Gavin Wood)、ジェフリー・ウィルケ(Jeffrey Wilcke)の3人だ。初期のソースコードについてもほとんどはこの3人だけが書いたものだ。」

このように
正真正銘の”イーサリアムの生みの親”が
実際に参画しているプロジェクト

あなたがプライベートセールに参加し
今まさにトークンを手に入れようとしている
このORCHIDなのです。

そしてそのギャビンウッド博士は自ら
このORCHIDを「イーサリアムを超える」
強く推薦している事からも

どれだけこのORCHIDが
世界中の暗号通貨の歴史を塗り替える
壮大なプロジェクトなのか?
というのがお分かりいただけると思います。

実現可能性、技術力、信頼性
どれをとっても今の暗号通貨市場で
このORCHIDを超えるプロジェクトは
存在しない、と言っても過言ではありません。

【ORCHIDプライベートトークンセールの開催日時は2018年05月15日19時に発表されます】
プライベートセール開催日の発表は

■2018年05月15日19時■

セール当日は直後から
相当な争奪戦が十分に予想されますので
必ず上記日時に開催日を必ず確認頂き

BITCOINの送金準備を
どなた様も事前にお済ませいただく様
重ねてお願い致します。

暗号通貨の歴史を変える
世界最大級のプロジェクト「ORCHID」
このトークンをあなたが手に入れることが出来るチャンスは

このプライベートトークンセールただ1つです。

 OrchidプライベートセールLINE引用

 

イーサリアムを作成したのは誰ですか?
誰がイーサリアムを作りましたか?

多くのBitcoinプロジェクトに取り組んでいたが、トロントプログラマー、Vitalik Buterinは、Ethereumの考えを思いついた。 Ethereumは、開発者がブロックチェーンアプリケーションを構築できるようにする堅牢なプラットフォームを意図していました。 Buterinは、Bitcoinブロックチェーンでアプリケーションを構築しようとしたときに直面したいくつかの欠点に触発されました。彼は、ブロックチェーンテクノロジの可能性は金融アプリケーションに限定されず、より一般的な計算をサポートできるブロックチェーンを作成するためにすぐに出発したと信じていました。

Vitalik Buterinは、2011年にBitcoinとcryptocurrenciesに初めて導入されました。同年、Bitcoin Magazineを共同設立し、デジタル通貨の将来に関する彼の見解を説明する多くの記事を書きました。彼は後に、MastercoinとBitcoinのコードベースに基づいたいくつかの代替コインに取り組んだ。この作業により、Bitcoinブロックチェーンの範囲が限定されていると信じられました。

Ethereumのホワイトペーパーは2013年にリリースされ、分散アプリケーションを作成するための新しいオープンソースプロトコルを文書化しました。

EthereumはBitcointalkフォーラムで2014年に正式に発表されました.Beerinに加えて、EthereumはMihai Alisie、Anthony Di Iorio、Charles Hoskinsonによって共同設立されました。 Buterin氏は、開発者のDr. Gavin WoodとJoseph Lubinと協力していると発表しました。ウッドはすぐに、ネットワーク上のすべてのスマートコントラクトを実行するランタイム環境であるEthereum Virtual Machine(EVM)をカバーするEthereum黄色のペーパーをリリースしました。 Lubinは、分散アプリケーションに焦点を当てたベンチャースタジオであるConsenSysを見つけました。

Ethereum財団は、2014年7月にエーテルクラウデールを開催し、6千万のトークンを売却しました。 Ethereum Foundationが開発とマーケティング活動を拡大できるように、1200万のエーテル(ETH)トークンが作成されました。 Frontierは、Ethereumネットワークの最初のリリースでした。クラウドデールの1年後にリリースされ、開発者がネットワーク上でアプリケーションと対話してアプリケーションを構築するための素朴なメカニズムを提供しました。

イーサリアムのネットワークとコミュニティは、昨年大きく成長しました。世界最大の企業とEthereumのネットワークを結びつけるためのイニシアチブであるEthereum Enterprise Allianceは、最近、MicrosoftIntel、BPなど86の新しいパートナーを発表しました。同様に、Ethereumブロックチェーンを活用した多数の新しいブロックチェーンプロジェクトが注目と資本を獲得しました。

Ethereumは2017年の早い時期にETHの価格が数ヶ月にわたって1000%上昇したときに主流に突入した。 Ethereumは、CNBC、Reuters、Quartzなどの大規模メディアでカバーされていたため、新しい投資家が急速にこの分野に参入しました。投資家や開発者はMetropolisのリリースを待っています。Metropolisは、多くの機能を抽象化し、ユーザーフレンドリーなアプリケーション設計の道を開くことを約束するEthereumネットワークの次期アップデートです。

Who Created Ethereum?
Who Created Ethereum?

While working on a number of Bitcoin projects, a 19-year-old programmer from Toronto, Vitalik Buterin, conceived the idea for Ethereum. Ethereum was intended to be a robust platform that allows developers to build blockchain applications. Buterin was inspired by some of the shortcomings he faced when trying to build applications on the Bitcoin blockchain. He believed that the potential of blockchain technology was not limited to financial applications and quickly set out to create a blockchain that could support more common computations.

Vitalik Buterin was first introduced to Bitcoin and cryptocurrencies in 2011. That same year he co-founded Bitcoin Magazine and wrote many articles explaining his views on the digital currency’s future. He later worked on Mastercoin and some alternate coins based on the Bitcoin codebase. This work led him to believe the Bitcoin blockchain was limited in scope.

The Ethereum white paper was released in 2013, and it documented a new open-source protocol for creating decentralized applications.

Ethereum was officially announced on the Bitcointalk forum in 2014. In addition to Buterin, Ethereum was co-founded by Mihai Alisie, Anthony Di Iorio and Charles Hoskinson. Buterin also announced that he was working with developer Dr. Gavin Wood and Joseph Lubin. Wood soon released the Ethereum yellow paper, which covered the Ethereum Virtual Machine (EVM), the runtime environment that executes all of the smart contracts on the network. Lubin would go on to found ConsenSys, a venture studio focusing on decentralized applications.

The Ethereum Foundation held an ether crowdsale in July 2014 during which they sold 60 million tokens. 12 million ether (ETH) tokens were created so the Ethereum Foundation could expand its development and marketing efforts. The Frontier was the first release of the Ethereum network. It was released a year after the crowdsale and provided a bare-bones mechanism for developers to interact with and build apps on the network.

Both the Ethereum network and community have grown substantially over the last year. The Ethereum Enterprise Alliance, an initiative working to connect the world’s largest companies to the Ethereum network, recently announced 86 new partners including Microsoft, Intel and BP. Similarly, a multitude of new blockchain projects leveraging the Ethereum blockchain have gained attention and capital.

Ethereum broke into the mainstream in early 2017 when the price of ETH increased by 1000 percent over the course of a couple months. This led to a similar rise in the price of alternative blockchain tokens, dubbed “altcoins.” A slew of new investors quickly entered the space as Ethereum was covered by large media outlets including CNBC, Reuters and Quartz. Investors and developers are awaiting the release of Metropolis, the next update to the Ethereum network promising to abstract a lot of functions and pave the way for user-friendly application designs.

https://bitcoinmagazine.com/guides/who-created-ethereum/

 

発行上限枚数が10億枚らしい。

 

タイミング的にもばっちりである。(ただし、VCには4000%のボーナスが付いているとの情報もある。いくら日本で調達するのかはよくわからない。キングオブコインなので100億とかド派手にやりそうである。この枚数のうちどれだけをVCが所有しているのだろうか。仮りに5割とし、OCT1枚=50円と仮定すると250億円調達していることになる。(4000%ボーナスとなるとわけがわからない。計算が合わない。4000%なら50億だ。笑)開発陣営が20%持つとすると、残りは3億枚である。VCはこの時点で〇〇倍の・・・大人の事情を察して読んで欲しい。笑)

 

Orchid(オーキッド)ICO※プライベートセール参加・購入はこちら

icocrypto.hatenadiary.com

icocrypto.hatenadiary.com

icocrypto.hatenadiary.com

f:id:icobot:20180331205848p:plain

Firopエアドロップ期間限定2.5USD分配プラスLINE登録1.5USD合計4$を今すぐ受け取る!

【エアドロップ1,000枚】ホリエモン大注目※ナムコイン(NAMCOIN) ICO登録・購入はコチラ

【超人気神メルマガ】優良と粗悪な仮想通貨の見分け方を徹底解説でコインの未来が分かる!