ICO爆上げ極秘情報|98%詐欺の仮想通貨市場で2%本物を探偵の視点で探り当てる!

ICOの超最新情報をいち早くお届けするブログ。仮想通貨の素人が手を出して痛い目に合うのが必至のICO案件!98%が詐欺と言われる中、本物の光を見出す。暗号通貨の富豪が勧めているICOなど極秘案件を多数紹介していく。

CryptoPolice(クリプトポリス)ICO※オンラインユーザーを詐欺から保護する仮想通貨

f:id:icobot:20180511195325p:plain

 CryptoPolice(クリプトポリス)ICO※オンラインユーザーを詐欺から保護する仮想通貨

1.はじめに
サイバー犯罪は、巨額の利益と最小限のリスクを提供する急成長中の市場です。によると
戦略国際??研究センター(CSIS)が発表した報告書には、
サイバー犯罪によって経済に与えられた年間損害は、375.575
世界の多くの国のGDPを上回っています。
新しい技術の登場により、より洗練されたコミット方法が可能になりました
サイバー犯罪サイバー犯罪はイノベーションに対する税金であり、グローバルなイノベーションのペースを遅らせる
イノベーターと投資家への収益率を下げることによって、 "CSISのJim Lewisは

ステートメント

さまざまな種類のサイバー犯罪の中で、インターネット詐欺は特別な場所を保持しています。
ほとんどのサイバー犯罪の種類は技術的な方法(コンピュータをハッキング、
傍受データなど)、詐欺は心理的および知的な
方法、すなわち、信頼の濫用によって、人々自身が移転を選択したとき

加害者への資金。

さまざまなサイバー脅威に対する技術的保護のためのさまざまな方法がすでに存在しています
(例えば、アンチウイルスソフトウェア)を開発し続けます。しかし、1つしかない
インターネット詐欺に対抗する効果的な保護方法です。常に

外を見る。

Juan Otero - 顧問
欧州委員会イノベーションコンサルタント
セキュリティは間違いなくオンラインで最大の問題の1つです
特に暗号空間では、
詐欺と詐欺の驚くべき数が検出されています
毎日
3

今日では、すべてのユーザーは、

お金を盗むために詐欺師。

フィッシング、スプーフィング、投資詐欺、金融ピラミッド、偽のオンラインストア。それだけでかかります
取り消すことのできない財政的損失を招く1つの間違いまたは急激な行動。
cryptocurrency市場では、手に負えなくなっています。まだ州の規制当局は存在しない
フィッシングサイトや詐欺的なICOによって実行されています
交換。
インターネット詐欺は絶えず適応しています。
コミュニティを攻撃するウイルスとして

周囲のすべてに密かに感染します。

その結果、誰もが失う:オンラインユーザーはお金を失う、一流のプロジェクトは投資を逃す
業界全体が評判を失っています。
破壊される最も重要なことは、人々がお互いに伸びるという信頼です。
それがまさに私たちが
CryptoPoliceプラットフォームは、
アンチウイルス、詐欺からコミュニティを保護します。
このシステムは、これらの市場の皆様に安心感を提供します。それは

今すぐ緊急に必要とされています。

合計世界合計世界の金額の10%
世界損失はICO向けサイバーだけの損失
からの詐欺で略奪されたアイデンティティセキュリティ
サイバー犯罪
フィッシング詐欺行為

 

 

1. INTRODUCTION
Cybercrime is a fast-growing market that offers huge profits and minimal risks. According
to the report published by the Center for Strategic and International Studies (CSIS), the
annual damage inflicted by cybercrime to the economy is within the range of 375.575
billion USD, exceeding the GDP of many countries around the world.
The advent of new tech has enabled ever more sophisticated ways to commit
cybercrime. "Cybercrime is a tax on innovation and slows the pace of global innovation
by reducing the rate of return to innovators and investors," Jim Lewis of CSIS said in a

statement.

Among the different types of cybercrimes, the Internet scam holds a special place.
While most cybercrime types employ technical methods (hacking computers,
intercepting data, etc.), scamming is done through psychological and intellectual
methods, namely, via the abuse of trust, when people themselves choose to transfer

funds to perpetrators.

Various methods for technical protection against a range of cyber threats already exist
and continue to develop (for instance, anti-virus software); however, there's only one
effective protection method that works against the Internet scam . always being on the

lookout.

Juan Otero - Advisor
Innovation Consultant, European Comission
Security is arguably one of the biggest issues online
and particularly in the crypto space nowadays, with
an alarming number of scams and frauds being detected
every single day.
3

Today, every user must take extreme caution online to avoid getting in the traps set up by

fraudsters in order to steal money.

Phishing, spoofing, investment fraud, financial pyramids, fake online stores . it takes only
one mistake or hasty action to incur irrevocable financial losses.
In the cryptocurrency markets, it's got out of hand. There are still no state regulators to
help things, and the show is being run by scammy ICOs, phishing sites and fraudulent
exchanges.
Internet fraud is constantly adapting, acting
as a virus that attacks the community and

stealthily infects everything around it.

As a result, everybody loses: online users lose money, top-notch projects miss investment
and the industry overall loses reputation.
The most important thing being destroyed is the trust that people extend to each other.
That's exactly why we decided to set up the
CryptoPolice platform, which will act as an
anti-virus and protect the community against scam.
This system will provide a feeling of safety to everybody in these markets. And it’s

urgently needed right here and now.

Total Total world Worldwide Ten percent of money
world losses losses only cyber intended for ICOs
from from Identity security looted by scams such
cybercrimes
fraud spending as phishing


Cryptocurrency Scamとは何ですか?

今日、包括的政府
cryptocurrency市場の規制。


この事実のために、特定の匿名性

取引とその人気が高まっており、この市場は
ますます詐欺師や詐欺師を引っ張ってきました。
だから、CryptoPoliceが
cryptocurrencies市場であり、当初は主に
ここで詐欺と戦う。
我々は、以下の主なカテゴリーの暗号解読


詐欺:

ICOの詐欺。イニシャルを通じて資金調達を目指すプロジェクト
彼らの投資家に高いリターンを約束するトークン販売
故意に投資家の資金を使い切るように行動する
ロールアウトする意向、存在しないプロジェクト、金融ピラミッド、
ポンジースキームなど)。
。偽のプロジェクト。自分自身を他のものとして提示するプロジェクト
合法的な方法で不正行為を行う
フロントとしてのビジネス。例えば、偽の交換
ユーザーの資金を凍結するなどの非道な活動をする
誰でも自分の資金を説明したり、ユーザーを欺くことなく
他の方法。

。暗号メディア詐欺。ニュースサイト、ブログ、チャットなど
偽の情報を広め、公衆を操作しようとする
意見。

。フィッシング。サイト、ページ、財布またはその他のウェブベース
外観を模倣するオブジェクト
他の、実際のオブジェクトやプロジェクトのメカニクスを盗むために
資金または個人データ。

。あなたの答え 。これは決して網羅的なものではない
cryptocurrencyの詐欺の既存および可能な変形。
入力したすべてのケースを入力し、CryptoPoliceが表示されます
それに

主な用語

。評決の訴え。利害関係者が
納得された評決に訴えます。

。応用
。 CryptoPoliceへのユーザの提出
疑わしい事実。

アーカイブ 。オブジェクトに関するデータを含む共有元帳
以前に検査されたか、または現在検査されている。
。事実 。インターネット詐欺の兆候が
ウェブオブジェクト、イベントのパフォーマンス、プロセスまたは使用
情報。
。インターネットプロジェクト。オンラインショップ、投資プロジェクト、メディアアウトレットまたは
他のプロジェクトはオンラインで開発されました。
。調査
。役人によって行われたプロセス。
事実データをレビューし、詐欺や詐欺の兆候を検出する。

。知識ベース 。 CryptoPoliceによって開発された共有データベース
出版物、情報、および出版物を含むコミュニティ
詐欺や詐欺行為に関する訓練資料。
。役人。専門家レベルの洞察力を有し、
CryptoPolice。

。プロジェクトデータベース。インターネットプロジェクトの公的登録
以前はCryptoPoliceによって検証されていました。
。プロジェクトオーナー 。インターネットプロジェクトのメンバー
CryptoPoliceへのメンバーシップの確認を提供しました。
。ユーザー。 CryptoPoliceプラットフォームの任意のユーザー
。評決。役員によって提出された正当な決定
調査結果と詐欺の兆候の有無
事実、脅威のレベルまたは他のパラメータに存在する。

。評決の検証。以前に検証したプロセス
他の役員のレビューを使用して納得した評決。
。ウォッチドッグ。表示に使用される統合ソフトウェアソリューション
ユーザーとオブジェクトとのやりとりを即座に警告します。
。 Webオブジェクト。ウェブサイト、ウェブページ、リンク、電子メールまたは
インターネット。

 

3.コンセプト
CryptoPoliceは、コミュニティを結びつけて戦うためのプラットフォームです


インターネット詐欺。

CryptoPoliceの仕組みを理解することは本当に重要です。オンラインユーザーは、
疑わしい事実を指摘するCryptoPoliceへのアプリケーション。その後、役員が
報告し、判定を行い、その後、複数レベルの検証を受ける
他の役員による処理。検証され確認された事実データは、
このアーカイブは、詐欺通知システム「WatchDog」の基盤を形成し、

ユーザーをオンラインで保護する。

 

What Is Cryptocurrency Scam?

Today, there exist no comprehensive governmental
regulations for the cryptocurrency market.


Due to this fact, coupled with the certain anonymity of

transactions and their growing popularity, this market has
been drawing more and more fraudsters and swindlers.
That's why CryptoPolice is starting its work with the
cryptocurrencies market and will initially mainly focus on
fighting scam here.
We identify the following main categories of cryptocurrency


scam:

. ICO Scam . projects aimed at raising funds through initial
token sale, which promise high returns to their investors, but
knowingly act to embezzle investors’ funds (projects with no
intent to roll out, non-existing projects, financial pyramids,
Ponzi schemes, etc.).
. Fake Projects . projects that present themselves as other
ventures or carry out fraudulent operations using a legal
business as a front. For instance, fake exchanges that carry
out unscrupulous activities, such as freezing users’ funds
without explanation or defrauding users of their funds in any
other manner.

. Crypto Media Scam . news sites, blogs, chats, etc. that
disseminate false information, seeking to manipulate public
opinion.

. Phishing . sites, pages, wallets or any other web-based
objects that imitate the external appearance and underlying
mechanics of other, real objects or projects in order to steal
funds or personal data.

. Your Answer . this is by no means an exhaustive list of
existing and possible variations of cryptocurrency scam.
Input any case you've come across and CryptoPolice will look
into it.

Key terms

. Appeal of Verdict . a process during which an interested party can
appeal a delivered verdict.

. Application
. a submission by a user to CryptoPolice concerning any
suspicious facts.

. Archive . a shared ledger that contains data about objects
previously inspected or currently being inspected.
. Fact . any signs of Internet fraud being carried out with the use of
web objects, performance of events, processes or the use of
information.
. Internet Project . online shop, investment project, media outlet or
any other project developed online.
. Investigation
. a process, carried out by an Officer in order to
review factual data and detect any signs of scam or fraud.

. Knowledge Base . a shared database, developed by CryptoPolice
and the community, that contains publications, information and
training materials about fraud and scam schemes.
. Officer . a user having expert-level insights and certified by
CryptoPolice.

. Projects Database . a public register for Internet projects that were
previously verified by CryptoPolice.
. Project Owner . a member of the Internet project who has
furnished confirmation of their membership to CryptoPolice.
. User . any user of the CryptoPolice platform.
. Verdict . a justified decision, delivered by an Officer, backed by
investigation results and qualifying whether any signs of scam are
present in a fact, level of threat or other parameter.

. Verdict Verification . a process used to validate a previously
delivered verdict using review by other Officers.
. WatchDog . an integrated software solution used to display
immediate alerts upon a user’s interactions with an object.
. Web Object . a website, webpage, link, email or any other item on
the Internet.

 

3. CONCEPT
CryptoPolice is a platform that helps bring together the community in order to fight


Internet fraud.

It's really important to understand how CryptoPolice works. Any online user can submit an
application to CryptoPolice, pointing to any suspicious fact. Then, an Officer reviews the
report and delivers a verdict, which subsequently undergoes a multi-level verification
process by other Officers. Factual data that have been verified and confirmed are stored in
the archive, which forms the basis for the scam notification system “WatchDog”, helping

protect users online.


3.1。 CryptoPolice:主なポイント
CryptoPoliceの使命。地域社会と技術を整備する


オンラインユーザーを詐欺から保護する。

CryptoPoliceの目的。効果的な保護を保証する製品の開発


オンライン詐欺や詐欺に対するユーザーの保護

CryptoPoliceは、グローバル組織として、
現代技術と地域社会の取り組みによってもたらされるシナジー効果
オンラインでセキュリティを保護し、大衆の利益のために行動する。
CryptoPoliceは政府機関ではないため、CryptoPoliceは対処しません
委任された当局の政府の管理または行為ではなくむしろ
社会のニーズに沿ったコラボレーションの機会を提供します。

CryptoPoliceは、開発されたツールとアルゴリズム

cryptocurrenciesの市場を超えて使用を見出し、
他のよりグローバルな社会問題を解決する。


3.2。オーディエンス
CryptoPoliceは以下のサービスを提供します:

すべてのインターネットユーザー。提供することによって
詐欺からインターネットへの安全性
トレーニングと収益の機会を与えて


投資家詐欺に投資することを防ぎ、
暗号プロジェクトに投資する際の財務的損失のリスク。


インターネットプロジェクトの所有者。妥当性と真正性を肯定することによって
プロジェクト。


ICO所有者。 CryptoPoliceエスクローを使用する機会を提供することによって
プロジェクトの投資見通しを向上させることができます。


エキスパートユーザーCryptoPolice Officerになる機会を提供することによって
あなたの知識を適用することで稼ぐことができます。


社会全体快適で安全な
互いに相互作用する。

3.1. CryptoPolice: Major points
Mission of CryptoPolice . bring together community and technology in order


to safeguard online users against fraud.

Aim of CryptoPolice . developing products that assure effective protection


of users against online fraud and scam.

We see CryptoPolice as a global organization that will tap into both the
synergies brought by modern technology and community efforts, in order to
protect security online and act for the good of the public at large.
CryptoPolice is not a governmental establishment and it does not counteract
the government control or deeds of any delegated authorities, but rather uses
all opportunities for collaboration in accordance with the needs of society.

CryptoPolice operates with the idea that its developed tools and algorithms

will find use beyond the market of cryptocurrencies and make it possible to
solve other, more global societal problems.


3.2. Audience
CryptoPolice provides services for:

All Internet users . by providing
safety on the Internet from fraud as well as
by giving opportunities for training and earnings.


Investors . by protecting them from investing in scams and minimizing the
risks of financial losses when investing in crypto projects.


Owners of Internet projects . by affirming validity and authenticity of a
project.


ICO owners . by providing an opportunity to use CryptoPolice escrow
contracts and increasing the investment prospects of a project.


Expert users . by providing an opportunity to become a CryptoPolice Officer
and earn by applying your knowledge.


The whole of society . by creating comfortable and safe conditions for
interaction with each other.

ホワイトペーパー抜粋

CryptoPolice(クリプトポリス)ICOの登録・購入はコチラ

icocrypto.hatenadiary.com

icocrypto.hatenadiary.com

f:id:icobot:20180331205848p:plain

【し〇〇もんも唖然!】世界中の仮想通貨企業と繋がる完全無料コミュニティついに解禁!

【驚愕】BTC自動売買ツール《BiTrade》100名限定の無料配布キャンペーン実施中!

Orchid(オーキッド)プライベートセール※世界3大ベンチャー投資の超優良ICO【神案件】