ICO爆上げ極秘情報|98%詐欺の仮想通貨市場で2%本物を探偵の視点で探り当てる!

ICOの超最新情報をいち早くお届けするブログ。仮想通貨の素人が手を出して痛い目に合うのが必至のICO案件!98%が詐欺と言われる中、本物の光を見出す。暗号通貨の富豪が勧めているICOなど極秘案件を多数紹介していく。

マインコイン(Mine)朝日新聞の広告掲載がヤバすぎる!最新仮想通貨の金融革命!Amazonランキング1位?

マインコイン(Mine)朝日新聞の広告掲載がヤバすぎる!最新仮想通貨の金融革命!Amazonランキング1位?

f:id:icobot:20180421131446p:plain

マインコイン(Mine)朝日新聞の広告掲載がヤバすぎる!最新仮想通貨の金融革命!Amazonランキング1位?

 

時価総額100兆円って仮想通貨全体のことか?笑

 

ツッコミつつ、これからの大々的な仕掛けが楽しみではある。

マイニング経済圏が実現する近未来


出版社からのコメント


いま仮想通貨になにが起きているのか?

 

誰もが無縁ではいられない仮想通貨の未来をすべて解き明かす!

 

あなたの今の仮想通貨への考え方はすべて間違っている!

 

~訳者序文~
ジョージは「仮想通貨」の日本での扱われ方を心配している。一方には比較的しっかりした「技術論」や「技術入門書」があるが―こちらは少数派だ―一方では「投機」を含む金融商品の「銘柄名」の一つとして「仮想通貨」が躍っている。極端すぎて見てられないよ、とジョージは言う。


ジョージは株式投資にも詳しいから、金融financeや金融投資(「投資」のうち、物的投資ではないもの)を、決して否定するような人間ではない。株式だって「配当」や「含み益」などなど、金融商品的な「メリット」があって、これだけ多くの人に受け入れられている、それがダメだと言ってるんじゃないので。誤解されると困るんだけど。ヘッドフォンの向こうでジョージが苦笑いしているのがわかった。


株式投資という仕組み、オンライン通信技術を含むシステムやオンライントレードの技術的側面を理解できたから株を始めたという人はいない(なかにはいるかもしれないが)。 「メイキング・マネー」できる魅力があるから株の相場も成り立っている。仮想通貨も、そこは同じ魅力が注目されても当然ではある。


しかし、仮想通貨は歴史の長い株式と違って、生まれたばかりの「よくわからない」技術であり、これから世界に受け入れられるのか、どのように受け入れられるのかは、まだ《未知数》な部分が大きい。


私にとってジョージは、この《未知数》に賭けようとする冒険家であり、ビジョニストである。


ジョージは、この「ビジョンとしての未知数」と、その可能性についての話が日本からあまり聞こえてこないことを心配している。


私がジョージを知ったのは、一通のメールを通してのことだった。私のところには職業柄、毎日のようにさまざまなプロジェクトのオファーが届くが、そのなかで一際光るものを感じさせたのが、ジョージが書き送ってきたメールだった。


そこには、ある新しい通貨の構想と、それを実装するにはどうすればいいか、計画のコアに当たることが書かれていた。彼は後にこの構想を"MINE"と名づけている。 このジョージのメールを読んだとき私は、サトシ・ナカモトとは、ジョージなのではないかと思った。それほどに彼のメールは光っていたのだ(サトシ・ナカモトについては序文の最後にある注釈を参照)。


これは本物だと確信した私は、彼にこの構想がまとまったら日本語に翻訳させてほしいと懇願した。さらに翻訳を進めるあいだに、ビジョンとしての未知数=仮想通貨の、日本を含む現状について、彼の意見を聞かせてほしいと頼んだ。


著者について
【著者紹介】
ジョージ・S(George S)
1984年、東京に生まれる。2歳のとき総合商社技術部門で重責を担う父の海外赴任に伴いフィリピンに移住。


父の影響で幼少のころからプログラミング言語に親しみC言語の手ほどきを受ける。


当地の高校3年生(フィリピンの高校は6年制で日本の中学3年生に相当)の時、SNSのプログラムを書きウェブ上に実装、注目される。


イーサリアムを使う開発コミュニティ、エンジニアチームのリーダー的存在だが発案者、ビジョニストの立場を守り表に出ることはほとんどない。

英語と日本語のバイリンガル。ただし漢字は苦手。母はスペイン系フィリピン人で敬虔なクリスチャン。彼もキリスト教を信仰している。

 

【訳者紹介】
中上分維(なかがみ・わかしげ)
仮想通貨ICO(Initiative Coin Offering)の世界では知る人ぞ知る存在として活躍中の国際的ディストゥリビューター、プロモーター。


ジョージの「MINE構想」の真価を瞬時に理解し、日本での“MINE"ICOを成功に導くべく地下活動中。


ジョージとはTV電話で対面したことが一度あるだけだが、ジョージのビジョニストとしての人柄とホワイトハッカー級の技術力に惚れ込み、本書の翻訳を買って出る。

 

MINE 総時価総額100兆円、利用者数1億人。ついに動き出す金融革命。「マイニング経済圏」は世界を変えるのか

引用 https://www.amazon.co.jp/dp/4885821959?_encoding=UTF8&isInIframe=0&n=465392&ref_=dp_proddesc_0&s=books&showDetailProductDesc=1#product-description_feature_div

 

MINE書籍はアマゾンランキング1位は確実とMINE購入者専用ラインでは豪語している。

 

【MINE】MINEの書籍が販売されます

お世話になっております。
MINEサポートデスクです。

昨日もお知らせしていましたが、MINEの広告が「朝日新聞」に掲載されました。

今朝の広告について、すでに多数の方から反響のメッセージをいただいており、私どもとしても嬉しい限りです。

写真を掲載しておきますのでご確認ください。


「より多くの方に”MINE”の存在を知っていただくこと」

これが、今の我々の大きな目標の一つとなっております。

そして、その一環としてもう一つ。

新聞広告をご覧いただいた方は、すでにお分かりだと思いますが、

「MINEの書籍」が4月26日に出版されます。


現在、Amazonで書籍が予約ができる状態となっておりますが、MINE購入者のみなさんに一つだけお願いがございます。

MINEをより多くの方に認知していただき、MINEをより広く普及させ、マイニング経済圏というビジョンを達成するために、

【「MINEの書籍」を指定の日時に購入していただきたい】

ということです。

タイミングは近日にお伝えできる予定ですので、まずは以下のリンクより、ウィッシュリスト(ほしいものリスト)に登録をしておいていただければ幸いです。

Amazonランキング1位は恐らく確実ですが、1位を取ることができれば知名度も一気に上がり、その分一般セールでの購入者も増えてまいります。

つまり、必然的にMINEの価値が上昇することになります。

もちろん内容も本格的なものとなりますので、勉強の観点でも購入をオススメいたします。

ただ、これはほんの序の口となります。

これから大企業・大物たちがこぞって動いていきます。

また進展がございましたらご連絡いたしますので、ぜひとも楽しみにしていてください。

f:id:icobot:20180421132622p:plain

大企業が動くとあるので本のタイトル通りとなる可能性もある。

 

広告、仕手、アルゴ、マーケットメイク(プログラムかもしれない)、とてつもない価値になる可能性を秘めた仮想通貨ではある。

 

ICO割れはおそらくない。

 

ちなみにプライベートセールのIMINEのレートは0.12円あたりである。

 

MINEコインの検索数が急上昇しているのでコインを欲しがっている者たちが多数いると推測できる。

 

もうICOで売らなくていいと個人的に思うが、まだ資金が足りないらしい。

 

大人の技でWowbitのようにマイン用の仮想通貨取引所でも作ってしまう戦略か?笑

icocrypto.hatenadiary.com

icocrypto.hatenadiary.com

icocrypto.hatenadiary.com

f:id:icobot:20180331205848p:plain

Firopエアドロップ期間限定2.5USD分配プラスLINE登録1.5USD合計4$を今すぐ受け取る!

【エアドロップ1,000枚】ホリエモン大注目※ナムコイン(NAMCOIN) ICO登録・購入はコチラ

【超人気神メルマガ】大注目ICOを完全無料配信!詐欺コインに騙される前にチェックする!