ICO爆上げ極秘情報|98%詐欺の仮想通貨市場で2%本物を探偵の視点で探り当てる!

ICOの超最新情報をいち早くお届けするブログ。仮想通貨の素人が手を出して痛い目に合うのが必至のICO案件!98%が詐欺と言われる中、本物の光を見出す。暗号通貨の富豪が勧めているICOなど極秘案件を多数紹介していく。

ICOはまだまだ終わらない!The FUND Project

f:id:icobot:20181115202841p:plain

2018年最大のビッグプロジェクト、ついに始動

 

年間5000万円の利益、大企業の株主となる権利、資金調達コンサルティング

 

これらすべてが手に入る新時代のICOとは!?

 

BiteX ICO※ICObench評価3.4~暗号化バンキングプラットフォーム あの方が必死に推奨 笑

f:id:icobot:20181007125728p:plain

BiteX ICO※ICObench評価3.4~暗号化バンキングプラットフォーム あの方が必死に推奨 笑

1 MOTIVATION
1.1暗号化銀行市場に関する考察
暗号交換の登場
最近の珍しい人は、暗号化された暗号化Bitcoinに関連して漠然としている可能性がある場合、暗号化通信を知らない人です。 Bitcoinは2009年以来ずっと存在していましたが、最近のスカイロッキングの評価とそれを取り巻く投機的な市場は、代替暗号化を作成し提供することで多くの人に動機付けを試みました。これらのうち、特に顕著なのは?エーテル(ETH)、Ethereum1ブロック鎖を推進する燃料。 EthereumはDApps(Distributed Applications)の作成に使用される主なプラットフォームであり、各DAppのサービスは、その目的のために作成された個別の暗号化(アプリケーションの媒体)の購入と交換によってアクセス可能です。 2018年3月現在、約4597の暗号化通貨2が様々な暗号交換によってリストされています3、利用度、流動性、取引量の程度は異なります。
多くの暗号化通貨は、貴重な分散サービス(ストレージやコンピューティングリソース、ID管理など)へのアクセスを提供します。したがって、ブロックチェーンに記録された分散型サービスの価値と使用が普及するにつれて、そのような暗号化通信の必要性も拡大すると予想されます。これは暗号交換の創造と成長をもたらし、その暗号交換は約1904年に書かれています

Cryptocurrenciesは毎日の商取引に動いています
しかし、暗号交換は、成長する暗号経済の財政的必要性のほんの一部にしかならない通貨(金銭/暗号と暗号/暗号)の間で自分の持ち株を交換する能力を提供する。 cryptocurrenciesに基づいた商取引が、商品やサービスの交換のための適切な媒体として受け入れられ、通貨を決済するための同業者としての役割を果たすようになるまでに進展することになれば、そのようなニーズに応える新しい機関を作る必要がある人々は金融取引に関連するようになった。これには、通貨を保管し、必要に応じて通貨を交換し、商品やサービスの支払いに通貨を使用し、請求書の支払いを自動化し、ローンなどを取り出す能力が含まれます。要するに、現在世界中の商業銀行によって提供されているサービスです。
したがって、暗号バンクは、暗号化通信に基づいて成長するデジタル経済に必要な新しい機関です。伝統的な商業銀行の枠を越えて、消費者にサービスを提供することで
●銀行および金融に関する国家/地方の法律の対象となるが、国の境界に支配されない世界規模。
●単一の障害点や妥協の影響を受けることができない、分散化された分散した不変の元帳。
●書面による契約や外部からの監督ではなく、暗号手段を通じて信頼が奪取された当事者間の匿名取引を実行する能力。
●cryptocurrenciesを、個人、個人および企業間、および企業間の取引における通貨の平等なパートナーとして含める。
●伝統的で時間のかかる支払い方法ではなく、暗号化を通じてエスクロー支払いを行う能力。


最初に、ローカルに埋め込まれた、グローバルな、CRYPTO-BANK
エグゼクティブサマリー
cryptocurrenciesがデジタル経済の一流の市民になる時代は急速に近づいていますか?問題は「もし」ではなく「いつ」起こるかということです。その時が到来すると、この新興経済に金融サービスを提供する必要性は、その成長を促進するためには不可欠です。
Bitexは、最初にローカルに組み込まれた暗号化バンクになることで、その時には準備ができていると考えています。これは、世界各地で利用可能である一方で、各地域のローカル顧客基盤に関連して有用である暗号化ベースのデジタル経済に金融サービスを提供することを目指しています。 Bitexは、地元のパートナーが利用可能なライセンスされたテクノロジープラットフォームを通じて、デジタル顧客に暗号化ベースのバンキングサービスを提供します。
Bitexは、地方レベルで働くことによって社会に最大限の影響を与えることができると信じています。また、この新しい暗号通信ベースのデジタル経済の利点は、未経験者や現行の銀行システムからも排除できます。したがって、グローバル・バンクとして直ちに開始する代わりに、Bitexはそのソリューションが地域に影響を与えることを確実にしたいと考えています。
Bitexの暗号化バンキングサービスは次のとおりです。
ローカライズされたカスタマーケア、ユーザーエクスペリエンス、ガバナンス
●ERC-20互換のデジタルウォレット。お客様の暗号化の残高を個人のモバイルデバイスに安全に保管します。
●支払い、取引所および振替のために仮想デビットカードを備えたモバイルウォレットを使用する能力。

●加盟店が消費者から現地通貨で支払いを受けるための様々なPOSソリューション(ハードウェアとソフトウェアベースの両方)。
G20貨幣通貨と様々な一般的な貨幣通貨との間の通貨交換。
●大規模な企業間支払い。
●個人ローン
Bitexは、2018年中頃に8カ国(香港、インド、日本、韓国、フィリピン、シンガポール、タイ、アラブ首長国連邦)の顧客に提供される銀行サービスの一部を提供し、 。サービスは、Bitexプラットフォームをフランチャイズとしてライセンスし、それぞれの国の金融当局に登録する地元のパートナーによって運営されます。地元の顧客や規制当局をよりよく理解し、ローカライズされたアプリケーションと顧客サポートを提供する現地パートナーと協力することで、Bitexの暗号化バンキングプラットフォームは、市場で最もアクセス可能な暗号化バンキングソリューションになります。
ATMとモバイルカードリーダーをベースとした支払いインフラストラクチャが、Bitexプラットフォーム向けに開発されています.Bitxプラットフォームは、サービスが展開されるにつれて世界中の20,000以上の場所にインストールされます。 Bitexはまた、サードパーティの開発者が有用な国別の機能やアプリケーションを作成できるようにするためのプラットフォームをAPIに提供します。
Bitexは、Bitex暗号バンクプラットフォームの使用を促進するために、そのユーティリティトークンであるBitex Coin(シンボルXBX)のInitial Coin Offeringを実施しています。このホワイトペーパーに記載されているように、XBXはBitexプラットフォームが提供するサービスへのアクセスに使用されます。 ICOの後、トークンはBitexの交換所の他のXBXトークン所有者や他のよく知られている暗号交換から購入することができます。
Bitexは、関連するローカライズされた金融サービスバンドルを提供し、この新しい暗号化ベースのデジタル経済のための金融サービスがどのように提供されるかを再定義することによって、ライセンスが与えられている各国でのローカルインパクトを実証します。暗号バンク・スペースには複数の支配人がいるが、このハイパーローカライズされた戦略は、時間の経過とともに、主流の消費者にとって初めての真にグローバルな暗号バンクを創造する上での優位性をもたらすと期待している。


1.2 Bitex暗号化銀行ソリューションの動機
銀行信用の回復
暗号化バンキングソリューションを作成する際、Bitexは銀行の元来の目的、つまり貯蓄を管理し、支払い手段と金銭を提供することで経済機能と成長を助ける機関に戻る必要性に動機づけられています移転し、融資を促進する。これらの基本機能を守ることによって、暗号銀行は、この新しい暗号化ベースのデジタル経済のための銀行に対する信用を回復し、投機的なものに移行することによって現在の商業銀行業務が繁盛しているという貪欲と利益追求のイメージを取り除くことができると信じている資産および市場。
地域のニーズに応える
Bitexは、地方レベルで働くことによって社会に最大限の影響を与えることができると信じています。また、この新しい暗号通信ベースのデジタル経済の利点は、未経験者や現行の銀行システムからも排除できます。したがって、グローバル・バンクとして直ちに開始する代わりに、Bitexはそのソリューションが地域に影響を与えることを確実にしたいと考えています。
そのために、Bitexは、地方の法律や規制に準拠したさまざまな国/地域のフランチャイズ所有者がコアバンキングプラットフォームを運営し、地域の状況を最もよく理解し、地域経済
Bitexの共通プラットフォームを使用したローカルソリューションの埋め込みモデルは、Uberのモデルとは異なります。たとえば、Uberは現地のマネージャーと従業員を使用して、地域の違いに対応するためにサービスのバリエーションを作成します。米国でうまくいったことは、インドでも成功する可能性は低いです.5など。規制上の差異は
様々なアプローチ6。同様に、Bitexは1つのサイズのcryptobankではなく、地域の状況に適応します。
アジアと中東の市場へ
Bitexは、地域の重要な影響を迅速にもたらす最善の方法は、モバイル接続が支配的である地域や、従来の銀行/金融サービスが人口の大部分に十分に対応していない地域に集中することだと考えています。このギャップは、経済がクリプトカルトの使用に移行するときにのみ増加する可能性があります。
成熟した市場からその地域の新興国に移行する中で、モバイル接続は引き続き成長し、アジアは引き続きこの成長の大部分を推進します。バンキング・サービスへのアクセスが低いこととモバイル機器の普及率が高いことは、従来の銀行の代替案に対するこの未達成の需要に役立ちます。
したがって、アジアおよび中東は、堅牢な暗号ベースの金融システムを必要とする可能性が最も高く、歓迎される地域であり、Bitexのローカルインパクトが最もよく発揮される地域であることを示しています。 Bitexは、ライセンスを取得している各国でのローカルな影響、関連するローカライズされた金融サービスバンドルの提供、この新しい暗号化ベースのデジタル経済のための金融サービスの提供方法の再定義を行います。


1 MOTIVATION
1.1 Crypto banking Marketplace Considerations
The Rise of Crypto-exchanges
It is the rare person these days who has not heard of cryptocurrencies, if only vaguely and very likely in connection with that sensational cryptocurrency Bitcoin. While Bitcoin has been around since 2009, its recent sky-rocketing valuations and the speculative market around it have motivated many to try and mimic its success by creating and offering alternative cryptocurrencies. Of these, one particularly stands out ? Ether (ETH), the fuel that propels the Ethereum1 blockchain. Ethereum is the main platform used at this time to create DApps (Distributed Applications), with each DApp’s service accessible through the purchase and exchange of a bespoke cryptocurrency (the application’s medium of exchange) created for that purpose. As of March 2018, there are about 4597 cryptocurrencies2 listed through various crypto exchanges3, with varying degrees of utility, liquidity and trading volume.
Many cryptocurrencies do provide access to valuable decentralized services (such as storage or computing resources, identity management, etc.). Thus, as the value and use of decentralized services recorded on a blockchain grow in popularity, it is expected that the need for such cryptocurrencies will also expand. This has led to the creation and growth of crypto exchanges of which there are at the time of writing approximately 1904

Cryptocurrencies Are Moving Into Everyday Commerce
However, crypto exchanges offer only the ability to exchange one’s holdings between currencies (fiat/crypto and crypto/crypto) which serve only a small part of the financial needs of a growing crypto-economy. If commerce based on cryptocurrencies is to progress to the point of having these accepted as a proper medium of exchange for goods and services and take its place as a peer to fiat currencies, it is necessary to create new institutions that can cater for the needs that people have come to associate with financial transactions. These include the ability to store currency, exchange between currencies as needed, use currencies for payment of goods and services, automate bill payments, take out loans, etc. ? in short, the services currently provided by commercial banks throughout the world.
A crypto-bank, therefore, is the new institution required for this growing digital economy based on cryptocurrencies. It goes beyond the confines of a traditional commercial bank by offering services to its consumers on
● a global scale, unhampered by national boundaries, although subject to national/local laws pertaining to banking and finance;
● a decentralized, distributed and immutable ledger which cannot be affected by any single point of failure or compromise;
● the ability to carry out pseudonymous transactions between parties where trust is captured through cryptographic means rather than written contracts or external supervision;
● include cryptocurrencies as equal partners to fiat currencies in transactions between individuals, individuals and businesses, and between businesses;
● the ability to conduct escrow payments through cryptography rather than traditional, time consuming payment methods.


BITEX THE FIRST LOCALLY-EMBEDDED, YET GLOBAL, CRYPTO-BANK
EXECUTIVE SUMMARY
The time when cryptocurrencies become first-class citizens of the digital economy is fast approaching ? the question is not “if” but “when” this will happen. When that time arrives, the need to provide financial services for this emerging economy will be critical to fuel its growth.
Bitex expects to be ready when that time comes by becoming the first locally-embedded crypto bank. It aims to provide financial services to the cryptocurrency-based digital economy that is relevant and useful to the local customer base in each region where it operates, while being available globally. Bitex will provide cryptocurrency-based banking services for digital customers through a licensed technology platform available to local partners.
Bitex believes that it can make the greatest impact on society by working at the local level, and ensuring that the benefits of this new cryptocurrency-based digital economy can also be felt by those under-served or left out of the current banking system. Thus, instead of starting out immediately as a global bank, Bitex wants to ensure that its solution has a local impact.
Bitex’s crypto-banking services include:
● Customer care, user experience and governance that is localized;
● An ERC-20 compatible digital wallet for securely storing a customer’s cryptocurrency balances on a personal mobile device;
● The ability for using the mobile wallet with a virtual debit card for payments, exchanges and transfers;

● Various Point of Sale solutions (both hardware and software based) for merchants to accept payments in their local currency from consumers;
● Currency exchanges between the G20 fiat currencies and various popular cryptocurrencies;
● Large scale business-to-business payments;
● Personal loans
Bitex will launch in mid-2018 with a subset of banking services offered to customers in 8 countries (Hong Kong, India, Japan, Korea, Philippines, Singapore, Thailand and the United Arab Emirates), with plans for expanding its reach in the future. Services will be operated by local partners that license the Bitex platform as a franchise and who will register with the financial authorities in their respective countries. By working with local partners, who have a much better understanding of local customers and regulators and making available localized applications and customer support, the Bitex crypto-banking platform becomes the most accessible crypto-banking solution on the market.
A payment infrastructure based on ATMs and mobile card readers is being developed for the Bitex platform that will be installed in over 20,000 locations throughout the world as the services are rolled out. Bitex will also offer APIs to its platform that will allow 3rd party developers to create useful, country-specific features and applications.
Bitex is conducting an Initial Coin Offering of its utility token, the Bitex Coin with symbol XBX, to promote the use of the Bitex crypto-banking platform. As described in this White Paper, XBX will be used for access to the services offered by the Bitex platform. After the ICO, the token will be available for purchase from other XBX token holders at Bitex’s exchange as well as other well-known crypto exchanges.
Bitex will demonstrate the local impact it will have in each country where it is licensed by offering a relevant localized financial service bundle and redefining how financial services for this new cryptocurrency-based digital economy can be delivered. While there are multiple incumbents in the crypto-banking space, Bitex expects that this hyper-localized strategy will give it an edge in creating, over time, the first truly global crypto-bank for mainstream consumers.


1.2 Motivation for the Bitex Crypto-banking Solution
Restoring faith in banking
When creating a crypto-banking solution, Bitex has been motivated by the need to go back to the original purpose for a bank, namely an institution that helps the economy function and grow by providing a way to manage savings, provide means for payments and money transfer, and facilitate loans. By sticking to these basic functions, Bitex believes that crypto-banks can restore the public’s faith in banking for this new cryptocurrency-based digital economy, and remove the image of greed and profit-seeking that current commercial banking has unfortunately propagated by moving into speculative assets and markets.
Serving local needs
Bitex believes that it can make the greatest impact on society by working at the local level, and ensuring that the benefits of this new cryptocurrency-based digital economy can also be felt by those under-served or left out of the current banking system. Thus, instead of starting out immediately as a global bank, Bitex wants to ensure that its solution has a local impact.
To that end, Bitex has structured itself so that its core banking platform is operated by local franchise holders in various countries/regions that comply with local laws and regulations, and understand the local context best so as to tailor localized financial services that positively impact the local economy.
Bitex’s model of embedding a local solution using a common platform is not unlike that of Uber’s model. For example, Uber uses local managers and employees to create variants of its services to cater to local differences ? what worked so well in the US is unlikely to be as successful in India, for instance5 ? while regulatory differences force
a variety of approaches6. Similarly, Bitex will not be a one-size-fits-all cryptobank, but adapt itself to local circumstances.
Go to Market in Asia and the Middle East
Bitex believes that the best way to deliver significant local impact quickly is to focus on regions where mobile connectivity dominates, and where traditional banking/financial services do not adequately serve the majority of the population. This gap can only increase when the economy moves to the use of cryptocurrencies.
Mobile connectivity will continue to grow and Asia will continue to drive a large part of that growth as global economic power shifts from mature markets to the emerging economies in that region. Low access to banking services coupled with high penetration of mobile devices serves this unmet demand for alternatives to traditional banks.
All pointers therefore indicate that Asia and the Middle East are the regions most likely to need and welcome a robust crypto-based financial system, and where Bitex’s local impact will best be demonstrated. Bitex will demonstrate the local impact it will have in each country where it is licensed, by offering a relevant localized financial service bundle, and redefining how financial services for this new cryptocurrency-based digital economy can be delivered.

引用https://ico.bitex.global/docs/XBX-Token-WhitePaper.pdf

 

AXEコイン 衝撃のICO割れがヤバすぎる※コインリム上場しレート急降下中?

f:id:icobot:20181005125044p:plain

AXEコイン 衝撃のICO割れがヤバすぎる※コインリム上場しレート急降下中?

 

エアドロップにて100AXEコインあたり4,500円だったはずである。

 

とするとエアドロップ時は45円となり、現在コインリムでの価格が0.000035イーサなので0.88円、51分の1の価格である。

 

これはGコインもPトークンもWコインもびっくりの価格である。

 

予想はしていたのだが・・・

 

ちなみにエアドロップの100AXEは88円である。笑

 

おそらくウォレットからの送金料の方が高くつく計算となる。

AXE(エグゼコイン)CoinLim上場※爆上げなるか?ICO割れなのか?

f:id:icobot:20181001194502p:plain

AXE(エグゼコイン)CoinLim上場※爆上げなるか?ICO割れなのか? 10月3日売買開始

 

ホルダー各位

本日、AXEの上場先の取引所、 Deposit(入金)および
Exchange(売買)開始日時が確定しましたことをお知らせいたします。

★取引所「CoinLim」
URL:http://shark-ex.jp/Ldk8908/13821
※言語対応は英語/中国語のみとなっております。
★上場 & Deposit(入金)開始日時:
2018年10月1日(月)16:00(日本時間)
★Exchange(売買)開始日時:
2018年10月3日(水)16:00(日本時間)

AXEアジアサポート事務局メール引用

 

f:id:icobot:20181001200322p:plain

f:id:icobot:20180801212336j:plain

icocrypto.hatenadiary.com

icocrypto.hatenadiary.com

f:id:icobot:20180331205848p:plain

THE HANABI(花火)東京商品取引所(TOCOM)主催のリアルトレードコンテスト第2位実績!

【超人気神メルマガ】大注目ICOを完全無料配信!詐欺コインに騙される前にチェックする!

BTC以外の完全自動トレードシステム(C-TRADING)が今だけ無料キャンペーン実施中!

完全自動でETHで稼げるシステム!トレマネFIT完全無料~期間限定で無料ダウンロード実施中

f:id:icobot:20181001122747j:plain

完全自動でETHで稼げるシステム!トレマネFIT完全無料~期間限定で無料ダウンロード実施中